“A群溶血性レンサ球菌咽頭炎”という長い病名の病気をご存知でしょうか?

“A群溶血性レンサ球菌咽頭炎”は、感染法における感染症発生動向調査で、調査対象となっている感染症です。

スポンサーリンク

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の症状は、喉の腫れ、発熱、喉の痛み、リンパ節の腫れ等です。

そしてごく一部の方ですが、腎炎や敗血症性ショックに悪化する可能性があります。

2015年5月時点で、このA群溶血性レンサ球菌咽頭炎は直近10年間で、最多のペースで発生しています。

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の感染方法は何なのか?また治療法は何なのでしょうか?

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の感染方法

 A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の原因は、文字通りA群溶血性レンサ球が原因です。

この菌は、感染者との直接的な接触、咳やくしゃみ等で近くの人に感染します。

そのため、軍隊や学校等密集した環境で、伝染が広がります。

また、兄弟間での感染率も高いです。

 

塵等乾燥した状態では感染性がないことが分かっています。

一方で、湿った状態では一定期間生存し、歯ブラシ等であれば最大15日間、菌が生存することが分かっています。

スポンサーリンク

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の治療方法

A群溶血性レンサ球菌咽頭炎の治療方法は、抗生物質の処方が一般的です。

 

年齢、熱、喉の炎症等で感染症に感染している疑いがあれば、喉についた最近の検査が行われます。

最近の道具を使えば10分以内に結果が分かります。

 

溶連菌の感染であることが分かれば、一般的に抗生物質が処方されます。

病気の期間及びその後安定した後に溶連菌を確実に弱めるために継続して抗生物質を摂取することになります。

 

そんな訳で、今回は今年、症例が10年以来で最多のペースで増加しているA群溶血性レンサ球菌咽頭炎について確認しました。

 

劇症化の危険性について判断する方法はありませんでしたが、一般的な症状と比較して悪いのか、また急激に悪化した場合の連絡先を得るためにも、風邪であるのかA群溶血性レンサ球菌咽頭炎なのか、かかりつけの医療機関に早めに相談するべきだと感じました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

 

スポンサーリンク