出典: http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00000004

ゆるキャラ界において数少ない歴史上の人物をそのまま用いた、正に生きる伝説。

それが「与一くん」その人であります。

>>歴代グランプリゆるキャラまとめはコチラ<<
>>群馬県のゆるキャラまとめはコチラ<<

スポンサーリンク

公式HPにおいて、氏のプロフィールを見るとゆるキャラとしてのプロフィールではなく歴史上のガチ人物、「那須与一宗隆」のプロフィールを見れるという異色の徹底ぶり。

ちっとも参考にならない!

と思わず口に出してしまう始末。

更に大田原商工会議所のHPの与一くんのプロフィールはガッチガチの那須与一宗隆で固まっています。

一方で、大田原市観光協会が贈る与一くんのブログは「ゆるキャラが書いてます♪」という柔らかさが伝わるブログでどこか「ゆるキャラらしさ」がありほっとします。

頑張れ商工会議所!

 

以前紹介したチャチャ王国のおうじちゃまとはかなりの温度差を感じてしまいます。

栃木県と言えば先のゆるキャラグランプリ2013において「さのまる」がグランプリに輝いた経緯があります。

2015年度はこの与一くんでいくのかが気になるところですが現状の意気込みを見るとどこか心配してしまうのは私だけでしょうか??

 

与一くん”を知るためにはブログを見るのが一番! 

03yoiti[2]

出典:http://o-yoichi.jugem.jp/ 

ゆるキャラのプロフィールで以外と気になるのは第一に性別、次に年齢、そして好きなものとか特技とかをチェックしたくなるものです。

芸能人のプロフィールチェックとそれはだいたい同じだと思います。

商工会議所作成のプロフィール欄では誕生日をチェックしてみるとズバリ「不明」であり、ガッチガチの那須与一宗隆をリスペクトしてます。

ただし、観光協会作成のブログでは「ゆるキャラ」としての与一くんを紹介していて分かりやすいです。

しっかりとプロフィール欄に「誕生日」として1998年4月2日と明記してありました。

 

この温度差がよくわかりません

スポンサーリンク

 

公式サイトに愛を

03yoiti[3]

出典:http://iso-labo.com/labo/mascot/images/Tochigi_Otawara-shi/大田原市_与一くん.png

 

大田原商工会議所での公式与一くんの紹介にてゆるキャラとしては異例の紹介を見ることが出来ましたので合わせて紹介したいと思います。

たぶん、おそらくゆるキャラ界では例にないプロフィールの内容だと思います。

ゆるキャラなのに

没日(死んだ日)が明記されていました

与一くん(那須与一宗隆)のHPを真面目に作成した大田原商工会議所のひたむきな姿が手に取るように理解できますが「あくまでも」ゆるキャラとしての与一くんを大切にしてもらいたいものですね。。。

どうか観光協会と連携して内容をすり合わせて今一度プロフィールをすり合わせていただきたいものです。

 

2015ゆるキャラグランプリにおいて、与一くんが活躍し、グランプリを得るために必要な条件がはっきりと分かった気がします。

 

そう…プロフィールをしっかりと固めて、商工会議所・観光協会の打ち出し方の統一です。

商工会議所と観光協会がしっかりと一本筋の入ったプロフィールを作成することで1位に一歩近づけるのではないでしょうか。

>>ゆるキャラグランプリ2015優勝予測はコチラ<<

スポンサーリンク