出典:http://www.s-hoshino.com/f_photo/syoku/sy_134.html

部屋で寝転がっていたところ、部屋の隅をゲジゲジが通り過ぎていくのを見かけてしまいました。

どうにかしようと思いましたがあまりの恐怖に居間から逃げ出してしまいました…

スポンサーリンク

どうにか退治をしたいと思い、どうやって対策をするのか調べてみました。

殺虫剤もゲジ退治に効くのですが、アロマやハーブもゲジ退治に効果がある事が分かりました。

自分一人であれば殺虫剤でも構わないのですが、赤ちゃんや小さい子どもがいるとなるべく殺虫剤を使いたくないです。

そんな訳で、今回はゲジにどんな植物が有効なのか調べてみました。

ゲジゲジ関連記事まとめ

>>生態や種類<<
>>サイクル、卵や幼虫<<
>>住みかや侵入方法<<
>>対処法:殺虫剤は効く?<<
>>対処法:アロマやハーブは効く?<<
実は益虫?<<

ヒノキ精油

ゲジゲジはヒノキの香りを嫌います。

偶然、ヒノキ精油がありましたのでアロマスプレーを作り、周辺に撒いておきました。

その後、しばらく家の中でゲジを見かけることはなくなりました。

実際に効果はあり、天然素材ですので、副作用の心配がありません。

赤ちゃんがいても心配ないです。

弱点は有効範囲が狭いこと、値段が高いことです。

結界を張るかのようにアロマスプレーを吹き付けておくことが重要です。

また定期的に吹き付けることで効果が継続します。

スポンサーリンク

他はどんな香りが効くのか?安いオイルを購入できる?

量販店のアロマ、ハーブコーナーに売っているものでゲジに効果があるものが幾つかあります。

・スペアミント 石の下に隠れている虫を這い出させる効果があります。
・ラバンジン 定着阻害効果があります。
・レモングラスやティートゥリー 代用が可能です。
・シナモン 虫を遠ざける効果があります。

水に精油を適量入れた後によく振り交ぜ、1時間くらい放置して馴染ませます。

その後、必要な場所にスプレーすることで効果を得られます。

ヒノキ精油の場合でも同様です。

当然、お子さんには無害です。

弱点は有効範囲が狭いことですので、漏れなくスプレーをする必要があります。

 

予備知識:アロマの歴史

アロマの歴史は古く、古代エジプトですでに使用されていました。

更にインドではアーユルヴェーダというインドの伝統医学でも使用されていました。

その後、大航海時代に商品として流通し、世界へ広まりました。

非常に歴史のあるアロマですが殺虫効果はありません。

(ヒメコウジという植物を用いた精油は殺虫効果がありますが、効果です。)

しかし、上記の通り害虫に対してアロマの持っている忌避効果を利用できます。

ゲジゲジ関連記事まとめ

>>生態や種類<<
>>サイクル、卵や幼虫<<
>>住みかや侵入方法<<
>>対処法:殺虫剤は効く?<<
>>対処法:アロマやハーブは効く?<<
実は益虫?<<

スポンサーリンク

>>【切子~キリコ~】のネタバレ・あらすじ結末・感想!試し読み<<

>>【消えた子供】のネタバレ・あらすじ結末・感想!試し読み<<

>>【夜見の国から~残虐村奇譚~】のネタバレ・あらすじ結末・感想!試し読み<<