出典:http://58parts.net/archives/1308

スズメバチはハチの中でも比較的大型の種です。

その名前はその大きさが「雀ほどもある」または「巣の模様が雀の模様に似ている」ことに由来します。

スズメバチは攻撃的です。

また1匹の女王蜂を中心とした大きな社会を形成します。

防衛のためなら大型動物をもためらわず襲撃します。

 積極的に人など動物を刺すことがありますが、これは巣を守るためです。

何もしてないのに襲ってくるように見えるのは、人間が巣の近くにいることに気付かないためです。

実はスズメバチによる死亡事故数は、熊や毒蛇による死亡事故数より多いです。

スズメバチ関連記事まとめ

>>生態や種類<<

>>対処法:種類と見分け方<<
>>対処法:殺虫剤は効く?<<
>>刺された時の対処法<<

スポンサーリンク

スズメバチ対策に効く殺虫剤は何なのか

ハチに対して駆除を行う動画がYouTubeなので多く見ることが出来ます。

スプレー缶を使用したりエアガンであったり花火であったりと、いたずらにハチに対して駆除を行うのはとても危険です。

それでも自身の庭や子供たちの通学路にそのような巣があった場合、駆除しなければ安全は確保できません。

スズメバチ対策で効く殺虫剤は何なのかを調べてみました。

スポンサーリンク

会社別ハチ対策

会社名 商品名 主成分 備考
フマキラー ハチ・アブウルトラジェット トラロメトリン 合成ピレスロイド系の殺虫剤
アース製薬 ハチアブマグナムジェット プラレトリン ピレスロイド系
KINCHO (大日本除虫菊) ハチ・アブ用ハンター ピレスロイド d-T80-フタルスリン、d-T80-レスメトリン含む

有名企業3社のハチ対策製品です。

 

どれも一般的な殺虫剤のコーナーで販売されています。

ここで注目したい成分はアース製薬の主成分のプラレトリンという成分です。

この成分は農薬の一種です。

他のトラロメトリン、ピレスロイドも農薬の一種です。

ピレスロイドという成分は「ノックダウン効果」「死亡させる効果」の2つに分類されます。

このプラレトリンは2つの効果を兼ね揃えています。

ハチのような害虫には「早く」「確実に駆除」出来る必要があります。

目的に適した成分です。

アース製薬のプラレトリンを主成分とする殺虫剤がスズメバチに効果的です。

08hati[2]

出典: http://flower.yodoyabashift.com/suzumebachi1.html

 

キンチョール等一般的な殺虫剤は効く?

キンチョール等一般的な殺虫剤はスズメバチに効きます。

しかし、スズメバチ向けの殺虫剤ではないので、すぐにスズメバチが死なずに攻撃されるおそれがあります。

キンチョール等の一般的な殺虫剤でスズメバチを撃退したい場合、ネットやビニール等で予め安全を確保した上で利用すべきです。

問題は安全にそれが出来るかどうかです。

キンチョール等一般的な殺虫剤には、スズメバチ対策に十分なは「即効性」と「噴射距離」がありません。

ハチ専用の殺虫剤が20m、30mと飛距離がり、即効性ある成分を使っているのは安全に殺虫するためなのです。

スズメバチ関連記事まとめ

>>生態や種類<<

>>対処法:種類と見分け方<<
>>対処法:殺虫剤は効く?<<
>>刺された時の対処法<<

スポンサーリンク

>>【消えた子供~戸籍のない11歳少女餓死事件~】のネタバレ・あらすじ結末・感想!試し読み<<