出典: http://www.irasutoya.com

時間がないけどこの自由研究の宿題は終わらせたい。

小学校1年生にピッタリの自由研究を紹介します。

1日で終わらせてスッキリさせましょう。

自由研究関連記事まとめ

>>小学1年生向け(塩の力、虫の顔)<<

>>小学2年生向け(足跡、液体を凍らせる)<<

>>小学3年生向け(太陽光の力、おわんのスピーカー)<<

>>小学4年生向け(ジャイロ効果、昔話の比較)<<

>>小学5年生向け(歴史上の人物の年表、身体に電気を通す)<<

>>小学5年生向け(ペットボトルで大気圧、燃えない紙)<<

>>小学6年生向け(野菜ロケット・野菜のでんぷん計測)<<

>>小学6年生向け(歴史上のできごと・レモン電池)<<

スポンサーリンク

 

自由研究①:塩の力を見よう

用意するもの

・皿1枚、10cm程度のタコ糸数本、水適量、塩適量、氷10個程度、メモ用のノート

(タコ糸の必要本数、氷の必要数は実験項目によって必要数異なります。)

 

実験の方法

・1本のタコ糸をほぐして3本に分けます。

・お皿に氷を置き、ほぐした糸を水で濡らし、氷に垂らします。

・若干溶け始めたらほぐした糸の内1本の氷と接している箇所に小さじ1杯程度の塩を振ります。

・しばらく経つと氷と塩が凍ってくっつきます。

・どれくらいで釣れるか実験してみましょう。

・氷の形や重さ、タコ糸のほぐす本数、かける塩の量等を変えて実験するのも面白いと思います。

 

確認する点

経過した時間ごとにタコ糸を吊り上げて、吊り上げられるかどうかをチェックします。

氷の形 糸を吊り上げてみた時間 吊り上げられたかどうかチェックを入れる。
四角    0分    15秒 できた・できなかった
   0分    30秒 できた・できなかった
   0分    45秒 できた・できなかった
   1分     0秒 できた・できなかった
   0分    15秒 できた・できなかった
   0分    30秒 できた・できなかった
   0分    45秒 できた・できなかった
   1分     0秒 できた・できなかった

 

この実験のポイント

氷は塩に触れると溶ける性質があります。

しかし溶けるためには熱が必要で、塩をかけた場所以外の氷の温度が下がり、塩をかけていない箇所の糸と氷がくっつきます。

 

必要な時間

実験は1時間程度で終わります。

自由研究の本文も早ければ半日、時間をかけても1日で終わらせられると思います。

 スポンサーリンク

自由研究②:漬物を作ってみよう

用意するもの

スライスした野菜(きゅうり、ダイコン、ナス等)適量、500mlペットボトル数本、ハサミ1つ、ガーゼ適量、輪ゴム適量、はかり1台、、メモ用のノート

(ペットボトルの本数が多ければまとめて実験を進められるので楽です。)

 

実験の方法

・500mlペットボトルの上部の円形部分をカットします。

・ペットボトルにスライスした野菜1種類適量及びおおさじ1杯の塩を入れ、よく混ぜます。

・口の部分にガーゼを被せ、輪ゴムで止めます。

このガーゼは蓋です。

・3時間様子を見て出た水の量を記録しましょう。

・最後は食べちゃいましょう。

 

ここで見たいもの

野菜 きゅうり ダイコン ナス
スライスした野菜の重さ
出た水の量(ml g)

 

この実験のポイント

・野菜の切り口には小さな穴が開いています。

・野菜は水をたくさん含んでいます。

・塩をかけることで浸透圧が強くなります。

塩をかけると塩をかけた部分に対して、塩を含んでいない部分が同じ濃さになろうとして水分が野菜から出て行きます。

 

必要な時間

実験は1時間程度で終わります。

自由研究の本文も早ければ半日、時間をかけても1日で終わらせられると思います。

01syukudai[2]

出典:http://www.misaki.rdy.jp

 

自由研究③:虫の顔をよく見てみよう

用意するもの

昆虫図鑑1冊(あれば複数での可)、サインペンセット、スケッチするための模造紙、メモ用のノート

 

実験の方法

・昆虫図鑑から興味がある昆虫を選んで、顔の違いをスケッチします。

・以下チョウとバッタを選んだケースで記載しています。

・顔のアップを確認できる昆虫図鑑が家にない場合は、図書館で借りるという選択肢もあります。

・スケッチしたものを表にまとめます。

 

ここで見たいもの

・昆虫ごとに食べる物に合わせて様々な顔の特徴を持っています。

・絵を描きながら昆虫の顔の特徴を理解します。

 

この実験のポイント

・また確認した結果を、以下のような表にまとめます。

昆虫 吸う口 噛む口 なめる口 おもったこと
チョウ × ×
バッタ × ×

 

必要な時間

実験は1時間程度で終わります。

自由研究の本文も早ければ半日、時間をかけても1日で終わらせられると思います。

 

自由研究④:アリの道を書いてみよう

用意するもの

※家の庭や公園等でアリの巣及び巣から出ているアリの列を見つける必要があります。

・アリの道を邪魔するための紙数枚(紙質は何でも良い。)、水(適量)、スケッチするための模造紙、メモ用のノート

 

実験の方法

・列を作るアリの中間地点に紙を置いてみたり、水を流して妨害してみる。

・妨害を受けたアリの列はどうなったかを調べる。

・妨害の過程や結果を模造紙などでイラストにする。

 

この実験のポイント

・アリはフェロモン(におい)を出しているため道に迷わず一列で移動をしています。

・頭から出ている触覚も道に迷わないための役割をもっています。

・アリは紙や水で妨害されたとしても工夫をしても、新しい列を作ろうと努力しますので、その過程を確認します。

 

必要な時間

実験は1時間程度で終わります。

自由研究の本文も早ければ半日、時間をかけても1日で終わらせられると思います。

 

自由研究⑤:指紋をとってみよう

用意するもの

鉛筆数本、筆1本、コップ1つ、セロハンテープ、指紋を貼り付けるための紙、メモ用のノート

※指紋はお子さん一人でも良いですが、お父さん、お母さん等複数比較できると面白いです。

 

実験の方法

・鉛筆を削り、芯の部分の粉を集めます。

・コップに指を押し付け、指紋を残します。

・筆に芯の粉を付着させ、コップに優しくなでる様につけます。

・指紋が浮き出たところにセロハンテープを貼ります。

・採取した指紋のセロハンテープを紙に貼り付けます。

・誰の指紋かわかるように、指紋を付けたセロハンテープの近くに名前を書いておきます。

 

この実験のポイント

・指紋は楕円形をしています。

・また指紋は一人一人違う形をしています。

・指紋を見て分かったことや、人の指紋を比較して分かったこと等をまとめます。

 

必要な時間

実験は1時間程度で終わります。

自由研究の本文も早ければ半日、時間をかけても1日で終わらせられると思います。

自由研究関連記事まとめ

>>小学1年生向け(塩の力、虫の顔)<<

>>小学2年生向け(足跡、液体を凍らせる)<<

>>小学3年生向け(太陽光の力、おわんのスピーカー)<<

>>小学4年生向け(ジャイロ効果、昔話の比較)<<

>>小学5年生向け(歴史上の人物の年表、身体に電気を通す)<<

>>小学5年生向け(ペットボトルで大気圧、燃えない紙)<<

>>小学6年生向け(野菜ロケット・野菜のでんぷん計測)<<

>>小学6年生向け(歴史上のできごと・レモン電池)<<

スポンサーリンク