出典:http://freebies-db.com

小学生の宿題の中でどうやって進めていけばいいのか一番悩むのは自由研究だと思います。

今回は小学4年生にピッタリで、かつ簡単に進められる自由研究をまとめてました。

自由研究関連記事まとめ

>>小学1年生向け(塩の力、虫の顔)<<

>>小学2年生向け(足跡、液体を凍らせる)<<

>>小学3年生向け(太陽光の力、おわんのスピーカー)<<

>>小学4年生向け(ジャイロ効果、昔話の比較)<<

>>小学5年生向け(歴史上の人物の年表、身体に電気を通す)<<

>>小学5年生向け(ペットボトルで大気圧、燃えない紙)<<

>>小学6年生向け(野菜ロケット・野菜のでんぷん計測)<<

>>小学6年生向け(歴史上のできごと・レモン電池)<<

スポンサーリンク

自由研究①火山の自然現象を試してみる

用意するもの

段ボール3,4箱(どの大きさでも構いません。1.5ℓペットボトル8本入りのダンボールが適しています)、ガムテープ1個、カッターナイフ1本、コンパス1個、お線香複数本、線香立て1個、ライター1個、スケッチするための模造紙、メモ用のノート

 

実験の方法

・段ボールのどの面でも良いので、切りやすい面の真ん中に半径10センチ程度の円をコンパスで書きます。

・書いた円をカッターナイフでくり抜きます。

※手を切らないように注意しましょう。

・段ボール箱を組み立て、隙間から空気ガ漏れないようにガムテープで完全に塞ぎます。

・線香立てに線香を置き、線香に火をつけます。

・穴をあけたダンボールを線香にかぶせ、ダンボールの中に煙を充満させます。

・ダンボールをひっくり返すと、あけた穴から円形の煙が出ます。

・ダンボールに円形以外の形、四角形、三角形等の異なる形を空けて、どのような煙が出てくるのか実験してみましょう。

くり抜いた形 煙の形
円形
四角
三角
星形

 

実験のポイント

・活動している火山の噴火口から上がる噴煙を再現した実験です。

・ダンボールに開けた穴の形と煙の形について描写するとともに、実験風景(どのような物を用意したか)、どのように実験をしたか、イラストとともにまとめることで自由研究のボリュームを増やせるでしょう。

 

必要な時間

実験は2時間から4時間程度で終わります。

自由研究の本文も早ければ半日、時間をかけても1日で終わらせられると思います。

 

自由研究②ジャイロ効果を体験してみる

用意するもの

ゴム風船5個から10個程度、硬貨各種1枚ずつ(1円、5円、10円、50円、100円)、スケッチするための模造紙、メモ用のノート

 

実験の方法

・風船の中に1円硬貨1枚を入れた状態で膨らませます。

・膨らませた状態で、風船の口を結びます。

・風船の中の硬貨を動かすため、風船を振ってみます。

※風船の振り方については以下の動画を参考にご覧下さい。

・コインは立ち上がって自ら走り回り、風船を振るのを止めてもしばらくは自走します。

・1円以外の他の硬貨でも同様に動くのか、また動く場合、どのくらい自走するのか計ってみましょう。

他の硬貨で実験する際、なるべく同じ方法・同じ回数で振ったほうがよいので、何度か練習してみてやり方を決めましょう。

 

硬貨 走った時間
1円
5円
10円
50円
100円

 

実験のポイント

・ジャイロ効果という現象を確認できる実験です。

・回転運動をしている物体はなるべく同じ姿勢のまま倒れずに走り続けようとする力が働いています。

この働きをジャイロ硬貨と呼びます。

・この実験についても、実験のやり方やイラストを自由研究の本文に盛り込んでいきましょう。

 

必要な時間

1時間あれば十分に実験は終わります。

自由研究の本文も早ければ半日、時間をかけても1日で終わらせられると思います。

 

自由研究③昔話を比較してみよう

用意するもの

同じ昔話が入っている本3冊程度、サインペンセット、メモ用のノート

※どんな昔話を選んでも構いません。

「桃太郎「鶴の恩返し」「かちかち山」「浦島太郎」「一寸法師」等。

※同じ昔話が入っている本が家に複数ない場合は、学校や市町村の図書館から借りる必要があります。

 

調査の方法

・一つ昔話を選んで、物語がどのように進んでいくかを比較します。

・比較するポイントは、キャラクターとして誰が登場するのか、登場したキャラクターはどのように行動するのか、登場してくるキャラクターは同じか、結論は同じか、等です。

・以下のような表にまとめると分かりやすいと思います。

本の名前 本の名前 本の名前
登場するキャラクター A,B,C,D A,B,C,D A,B,C
最初のイベント Aが山でBと出会う。 AがCと共に山でBと出会う。 Aが山でBと出会う。

 

調査のポイント

・日本には様々な昔話が口伝えで残っています。

大まかな流れは同じですが、本や筆者によって話の流れや登場人物が異なる場合があります。

一つ昔話を選んで、そのような違いの有無を調べてみましょう。

・調べてみることが重要なので、結果としてほとんど違いがなくても問題ありません。

・有名な事例としては「カチカチ山」があります。

日本昔話など「カチカチ山」でタヌキは最後に火をつけられて死んでしまいますが、昔話によってはタヌキとウサギが仲良く暮らすという話もあります。

 

必要な時間

本を事前に準備しておけば、読みながら比較をする作業は2時間から4時間程度で薦めることが出来ると思います。

自由研究の本文も早ければ半日、時間をかけても1日で終わらせられると思います。

スポンサーリンク

 

自由研究④アレルギー対策のお菓子

用意するもの

子ども向けのお菓子10種類程度(たべっこ動物、アスパラガス、しみチョココーン等)、筆記用具、メモ用のノート

 

調査の方法

・スーパーや100均一で、10種類程度お菓子を購入します。

・購入する際の注意点として、なるべく様々な種類のお菓子を購入した方がよいです。

同じ会社や似たような製品であれば、同じアレルギー対策がなされている可能性が高いので比較になりません。

(極端な例ですがポテトチップスのうす塩味、チリ味、のり塩味等。)

・購入したお菓子の成分一覧を見て、アレルギー対策が行われているかどうかを確認します。

・具体的には、卵、牛乳、小麦、エビ、カニアレルギー対策です。

 

調査のポイント

・会社やお菓子によってどのようにアレルギー対策がなされているか確認し、比較してみましょう。

・厚生省のウェブサイトにて、食品のアレルギー表示についての概要がまとまっています。

参考までにご覧下さい。

http://www.mhlw.go.jp/seisaku/2009/01/05.html

・以下ような表をまとめると比較しやすいです。

アレルギーを持っているお子さんの多い牛乳、卵、小麦をチェック対象にしています。

他のアレルギー食品を追加してもよいです。

牛乳 小麦
お菓子名A 使用 使用 不使用
お菓子名B 使用 使用 不使用
お菓子名C 使用 不使用 不使用

 

必要な時間

お店と自宅の距離にもよりますが、お菓子の購入・表示の確認では4時間程度で終わります。

自由研究の本文も早ければ半日、時間をかけても1日で終わらせられると思います。

 

自由研究⑤交通量を調べてみよう

用意するもの

サインペンセット、メモ用のノート

 

調査の方法

・住んでいる町の交通量について調べてみましょう。

・調べてみる道路、時間帯を決めます。

2車線道路が妥当だと思います。

・以下のようにメモを取ります。

交通物 8時~8時半 13時半~13時半 15時~15時半 17時半~17時半
自家用車  台  台  台  台
トラック  台  台  台  台
バスなど公共交通機関  台  台  台  台
救急車、消防車等  台  台  台  台

・時間帯ごとの台数を比較して、何故異なるのか考えてみましょう。

※車や他の人の迷惑にならないように確認しましょう。

※安全な場所で、また熱中症にも注意して確認しましょう。

 

調査のポイント

・車両数を数えて、比較し、交通量が異なる原因を考えることが調査の目的です。

 

必要な時間

調査時間は2時間程度で終わります。

自由研究の本文も早ければ半日、時間をかけても1日で終わらせられると思います。

自由研究関連記事まとめ

>>小学1年生向け(塩の力、虫の顔)<<

>>小学2年生向け(足跡、液体を凍らせる)<<

>>小学3年生向け(太陽光の力、おわんのスピーカー)<<

>>小学4年生向け(ジャイロ効果、昔話の比較)<<

>>小学5年生向け(歴史上の人物の年表、身体に電気を通す)<<

>>小学5年生向け(ペットボトルで大気圧、燃えない紙)<<

>>小学6年生向け(野菜ロケット・野菜のでんぷん計測)<<

>>小学6年生向け(歴史上のできごと・レモン電池)<<

スポンサーリンク