出典:http://freebies-db.com/free-illustration-shingakki-sekigae.html

毎年夏休みに時間をかけて取り組む必要がある自由研究。

高学年になるにつれて自由研究のテーマ選択は難しくなります。

小学5年生にピッタリで、1日で終えられる自由研究のテーマをまとめてみました。

自由研究関連記事まとめ

>>小学1年生向け(塩の力、虫の顔)<<

>>小学2年生向け(足跡、液体を凍らせる)<<

>>小学3年生向け(太陽光の力、おわんのスピーカー)<<

>>小学4年生向け(ジャイロ効果、昔話の比較)<<

>>小学5年生向け(歴史上の人物の年表、身体に電気を通す)<<

>>小学5年生向け(ペットボトルで大気圧、燃えない紙)<<

>>小学6年生向け(野菜ロケット・野菜のでんぷん計測)<<

>>小学6年生向け(歴史上のできごと・レモン電池)<<

スポンサーリンク

自由研究①歴史上の人物の年表を作ってみよう。

用意するもの

歴史上の人物についての本(取り扱っている本であればマンガでも構いません。)、サインペンセット、メモ用のノート

 

調査の方法

・歴史上の人物について掘り下げて調べてみます。

・その人物について分かりやすい本を図書館で借りられる人物がおススメです。

織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など戦国武将は簡単に本を見つけられると思います。

・本を読みながら、その人物の詳細について調べていきます。

以下のように西暦、年齢、イベントを書き出していくと分かりやすいでしょう。

西暦 年齢 イベント
1534年 1歳 尾張国那古野の小領主、織田信秀の二男として生まれる。
1551年 18歳 父、信秀の死により、家督を相続する。
1560年 27歳 桶狭間の戦で今川義元と戦い、勝利する。

また調べていく上で、分からない単語の意味をしらべることで、自由研究に継ぎ足すことも出来ます。

また織田信長のケースであれば、他の戦国武将より早く取り入れた「鉄砲戦術」「楽市楽座」等について調べるのも良いです。

・詳細に調べると非常に時間がかかってしまいます。

戦国武将の場合であれば、改名から亡くなるまで。あるいは一生の中で主要なイベントのみに絞ってもよいでしょう。

・メモを作成した後、レポートとして提出する用紙に年表を書き写します。また調べた情報や、分かったことを書き足します。

・何から手をつけていけばよいか分からない場合は、非常に有名な歴史上の人物を選んで、年表におけるイベントは手元にある本の目次から抜き出せばスムーズに進められます。

 

調査のポイント

・社会の授業で学ぶ歴史上の人物について理解を深めることが出来ます。

・歴史上の人物がどのように活躍したのか、当時の政治や文化、商業を変えるためにどのような行動を行ったのか、何によって成功したのか、人物の足跡を分析してみましょう。

 

必要な時間

下調べには本を読みながらメモする必要があるので最低でも4時間はかかると思います。

自由研究の本文についても同じ程度、時間がかかります。

スムーズに進めることが出来れば1日で終わります。

もし時間的に余裕があれば、予め時間がある時に、対象とする人物に関する本を読んでおくとよいでしょう。

スポンサーリンク

 

自由研究②人間の身体に電気を通してみる

用意するもの

金属製スプーン、アルミホイル(幅3センチ、長さ30センチくらい)、スケッチするための模造紙、メモ用のノート

 

実験の方法

・アルミホイルを細長い棒(ぼう)状に折ります。

・左手でアルミホイルを持ち、右手で金属性スプーンを持ちます。

・口から舌を出し、アルミホイルの先端を舌の左に、金属製スプーンを右に付けます。

特に味はしないはずです。

・この状態で、アルミホイルと金属製スプーンを接触あせると、苦味を感じます。

 

実験のポイント

・苦味を感じたのは電流が発生し、その電気を舌が感じたためです。

この実験で、電気が人の身体を通ることが確認できます。

・自由研究のレポート作成にあたっては、実験のやり方についてイラストを載せたり、進め方について詳細に記載してみましょう。

・この実験で流れる電気は微量なので、身体に悪影響はありません。

 

【以下、余談です。レポート作成にお役立て下さい。】

・人間の体液(たいえき)には塩分やミネラルなどの電解質(でんかいしつ)がたくさん溶け込んでいるので、非常に電気を良く通します。

・自身に流れた電気が舌の味蕾(みらい:味を感じる細胞)を刺激し、人は苦い味を感じます。

・身体を通る電力は心臓の鼓動や汗の量で僅かに変わります。

この僅かな違いを分析する機械が「うそ発見機」です。

 

必要な時間

実験は2時間程度で終わります。

自由研究の本文も早ければ半日、時間をかけても1日で終わらせられると思います。

自由研究関連記事まとめ

>>小学1年生向け(塩の力、虫の顔)<<

>>小学2年生向け(足跡、液体を凍らせる)<<

>>小学3年生向け(太陽光の力、おわんのスピーカー)<<

>>小学4年生向け(ジャイロ効果、昔話の比較)<<

>>小学5年生向け(歴史上の人物の年表、身体に電気を通す)<<

>>小学5年生向け(ペットボトルで大気圧、燃えない紙)<<

>>小学6年生向け(野菜ロケット・野菜のでんぷん計測)<<

>>小学6年生向け(歴史上のできごと・レモン電池)<<

スポンサーリンク