出典:http://www.sozaiyakoaki.com/spr/juutai/

間もなく8月を迎え、大型連休であるお盆休みが訪れようとしています。

ご先祖様に挨拶に行く人、海外へ遊びに行く人と多くいると思います。

自家用車で帰省したり、旅行する場合、渋滞が気になります。

関東在住の人を中心に多くの人が利用する首都高の渋滞予測と対策をまとめました。

2015夏・お盆関連記事

>>神奈川・埼玉で川遊びできるキャンプ場+温泉併設<<

>>群馬・千葉で川遊びできるキャンプ場+温泉併設<<

>>関東でラフティングできるおススメスポット<<

>>関東で川下りできるおススメスポット<<

 

2015お盆渋滞関連記事

>>関越渋滞予測・対処<<

>>首都高渋滞予測・対処<<

>>アクアライン渋滞予測・対処<<

スポンサーリンク

 

お盆のピークはいつ?

2015年のお盆休みは

8月13日(木)

8月14日(金)

8月15日(土)

8月16日(日)

です。

(一般的なお盆休みは8月13日から16日です。)

 

最後の2日間は土日と重なっています。

今年のお盆休みは、期間の短い4連休となります。

 

人によっては8月10日(月)から8月12日(水)の3日間、有給を取得し、8月8日(土)から8月16日(日)まで9連休を取得する人も増えそうです。

スポンサーリンク

首都高の渋滞予測

例年のデータをもとに、2015年盆の首都高の渋滞について予測しました。

 

下り線

8月13日(木)午前6時から軽い渋滞が開始します。

同日午前10時にピークとなり、午後6時に再度ピークが訪れます。

ピーク時の、10㎞超の渋滞が見込まれています。

渋滞区間の通過に、平均で30分~40分要する見込みです。

 

上り線

8月13日(木)午前7時から軽い渋滞が開始します。

昼を過ぎて午後3時ころから本格的な渋滞が発生します。

午後5時頃、再びピークを迎えて、午後10時頃まで混雑した状況が続きます。

ピーク時の、10㎞超の渋滞が見込まれています。

渋滞区間の通過に、平均で30分~40分要する見込みです。

上り、下りともに8月13日の上記の時間帯は避ける様にして予定を組むことをお勧めします。
参考: http://www.jartic.or.jp/guide/yosoku/index1.php

※公益財団法人日本道路交通情報センター、通称JARTICが渋滞予測情報を公開しています。

01obon[2]

出典:http://www.sozaiyakoaki.com/spr/juutai/

 

渋滞を回避するためには、どの時間帯を狙えばよいか?

交通渋滞が発生するのは

①主に夕方から夜にかけて、

(具体的には午後5時~午後7時ころ)

②交通事故が発生したときです。

 

①は予め避けることが出来ます。

②の交通事故については発生してしまったら諦めるしかありません。

しかし、時間帯をずらしたり、回避することはできます。
この夕方から夜にかけての午後5時~午後7時という時間帯は、渋滞によって首都高と一般街路との所要時間がほぼ同じになるという話があります。

一般道の渋滞は午前8時から午前11時が一日のピークで、夕方から夜にかけては、午前中ほどの渋滞はありません。

つまり、首都高が最も混む夕方から夜の時間帯に関しては、首都高と一般道路で所要時間にほとんど差が生まれません。

 

別の選択肢として

出発時間を早める

ことにより、渋滞を回避することもできます。

お盆休み直前の金曜日でさえ、2時間程度の時間調整で快適に走るという予測がでています。

事情があって出発時間を変更出来ない方もいるかと思いますが、可能な方は、早めに出ることも検討してみてはいかがでしょうか。

 

参考ですが平日の22時~6時前にETC車で首都高を利用すると通行料20%OFFとなります。

渋滞を回避しつつ、高速料金の節約にもなりますのでお勧めです。

しかしそれでも、多くの人は混雑時に首都高に乗ってしまいます。

それは多くの場合、「それしか道を知らないから」、「一度乗ってしまったら、降りて乗り直す時にまた料金を取られるから」、あるいは「一般道は交差点が多くて面倒くさいから」です。
夕方から夜にかけて首都高は高い確率で混みますので、空いている時間に通るのがベターです。

2015夏・お盆関連記事

>>神奈川・埼玉で川遊びできるキャンプ場+温泉併設<<

>>群馬・千葉で川遊びできるキャンプ場+温泉併設<<

>>関東でラフティングできるおススメスポット<<

>>関東で川下りできるおススメスポット<<

 

2015お盆渋滞関連記事

>>関越渋滞予測・対処<<

>>首都高渋滞予測・対処<<

>>アクアライン渋滞予測・対処<<

スポンサーリンク