早めに終わらせておきたい自由研究について、小学5年生を対象とした自由研究のネタを追加しました。

小学5年生を対象にした自由研究ネタについて、他のページでもご紹介しています。

自由研究関連記事まとめ

>>小学1年生向け(塩の力、虫の顔)<<

>>小学2年生向け(足跡、液体を凍らせる)<<

>>小学3年生向け(太陽光の力、おわんのスピーカー)<<

>>小学4年生向け(ジャイロ効果、昔話の比較)<<

>>小学5年生向け(歴史上の人物の年表、身体に電気を通す)<<

>>小学5年生向け(ペットボトルで大気圧、燃えない紙)<<

>>小学6年生向け(野菜ロケット・野菜のでんぷん計測)<<

>>小学6年生向け(歴史上のできごと・レモン電池)<<

スポンサーリンク

 

自由研究①:ペットボトルで大気圧の力を見てみよう

用意するもの

500mℓペットボトル(空のもの)10本程度、カッターナイフ、水、バケツ、スケッチするための模造紙、メモ用のノート

 

実験の方法

・ペットボトルの側面に、カッターナイフで床に対して垂直に5センチ程度の切り込みを入れます。

・切れ込みから上の部分をペットボトルの内側に押し込みます。

※切込みの入れ方については以下の動画を参照下さい。

1種類の実験ですが、切込みの入れ方は同じです。

・バケツに水を入れておきます。

・ペットボトルの蓋をしめたまま、ペットボトルをバケツの水の中に沈めます。切れ込みから水が入ります。

・ペットボトル内の水がいっぱいになったらゆっくりと垂直に立てます。

・垂直にしても切り込みのところから水はこぼれません。

・ペットボトルの切れ込みの大きさや位置を変更して、大きさや位置によって水がこぼれるかどうか実験してみましょう。

 

切れ込みの大きさ 切れ込みの位置 実験結果
3センチ 蓋から5センチ
6センチ 蓋から5センチ
3センチ 蓋から10センチ
6センチ 蓋から10センチ

 

調査のポイント

・この実験は大気圧の力を見る実験です。

・ペットボトル内の水のことだけを考えると、ペットボトルの中の水は重力で下に落ちようとして、切り口からこぼれます。

しかし、この水面に対して大気圧がかかっており、この力が均等なのでこぼれることはありません。

 

必要な時間

実験は2時間程度で終わります。

自由研究の本文も早ければ半日、時間をかけても1日で終わらせられると思います。

スポンサーリンク

 

自由研究②:燃えない紙やゴム風船

用意するもの

紙数枚、ゴム風船数個、水、着火マン、固形燃料、卓上コンロ、スケッチするための模造紙、メモ用のノート、水を入れたバケツ

※固形燃料、卓上コンロについては100円均で販売しているもので構いません。

02_jiyuu_01

出典: http://item.rakuten.co.jp/meicho3/

 

実験の方法

・紙で、上記の写真のように器を作ります。

中央をへこませて、その周辺を波打たせて器にするのがよいと思います。

・器に水を入れて、卓上コンロに設置します。

・固形燃料を置き、着火マンで火をつけます。

・器の中に水が入っている限り、紙は燃えません。

・同様にゴム風船に水を入れて、火にかけます。

・風船は割れないのです。

・これらを応用しながら試せるものを色々実験してみましょう。

 

※実験の注意点

・万が一のことを考えて、バケツに水を入れておきます。

・火を使用しますので必ず保護者の人と一緒に行いましょう。

・鍋にした紙には着火しませんが、万が一のことを考えて実験は庭等で行うとよいでしょう。

 

実験のポイント

・紙やゴム風船が燃えないのは、火の熱を水が吸収するからです。

・ゴム風船も中の水が沸騰を開始しない限りは割れたりはしません。

 

必要な時間

3時間あれば十分に実験は終わります。

自由研究の本文も早ければ半日、時間をかけても1日で終わらせられると思います。

自由研究関連記事まとめ

>>小学1年生向け(塩の力、虫の顔)<<

>>小学2年生向け(足跡、液体を凍らせる)<<

>>小学3年生向け(太陽光の力、おわんのスピーカー)<<

>>小学4年生向け(ジャイロ効果、昔話の比較)<<

>>小学5年生向け(歴史上の人物の年表、身体に電気を通す)<<

>>小学5年生向け(ペットボトルで大気圧、燃えない紙)<<

>>小学6年生向け(野菜ロケット・野菜のでんぷん計測)<<

>>小学6年生向け(歴史上のできごと・レモン電池)<<

スポンサーリンク