お盆を過ぎるとあっという間に時間が過ぎて秋になってしまいます。

秋の味覚を中心に様々な楽しみにがありますが、秋の季節を感じさせてくれるイベントの一つが中秋の名月を楽しむお月見です。

スポンサーリンク

忙しい生活の中で、お月見をするのは季節を感じ、時間がゆっくり流れるのを感じられる気分転換になりますし、お子さんと一緒に見れば風物詩を学ぶ良い機会にもなりますよね。

今回は、2015年のお月見のタイミングはいつなのか、またお月見に関連する由来についてまとめました。

2015 お月見関連記事

>>2015 関東で開催されるおススメお月見イベント<<

>>2015 京都で開催される”観月会”まとめ<<

>>2015 お月見の時期はいつ?1回だけのお月見は縁起が悪い?<<

2015 シルバーウィーク旅行・デート関連記事

>>シルバーウィーク 【関東】おススメイベント・穴場デートスポット<<

>>シルバーウィーク 【関西】おススメイベント・穴場デートスポット<<

>>2015トレンドおススメの国内旅行情報!インフィニティ風呂とは!<<

>>9月に関東・甲信越で紅葉を見れる場所はどこ?<<

>>9月に関東で開催されるオクトーバーフェストまとめ!<<

 

2015年のお月見の時期はいつ?

お月見は2回タイミングがあります。

一つ目は「中秋の名月」や「十五夜(じゅうごや)

二つ目は「十三夜(じゅうさんや)

です。

 

2015年のお月見時期は

「中秋の名月」・「十五夜」は、2015年9月27(旧暦の8月15日)

「十三夜」は2015年10月25(旧暦の9月13日)

です。

旧暦は現在の日付と異なっているので、毎年同じ日付ではなく少しずれています。

 

お月見の由来は?

01_01 Geppei

出典: http://japanese.cri.cn/

 

お月見は元々、古代中国のお祭りです。

秋の収穫期に、収穫をもたらしてくれた神様に感謝し、その喜びを込めて行われていたお祭りです。

中国では「仲秋節」と呼ばれ、伝統的なお菓子である「月餅」を食べます。

 

このお祭りが奈良時代~平安時代初期にかけて中国から伝わってきて、日本でも広まりました。

中国と同様に秋の収穫祭と結びついて、満月に豊作を祈願し、お団子・すすき・里芋などを供えるようになりました。

 

てっきりお月見をしながら月見団子を食べるお祭りだと理解していたのですが、正確には神様にお供えをして、そのお供えを頂くということですね。

 

ちなみに十五夜か十三夜のどちから片方しかお祝いしないことを片見月と呼びます。

片見月は縁起が悪いとされていますが、個人的にはそこまで気にする必要はないようです。

色々と調べてみた限り、片見月の縁起が悪いとされている理由は幾つかあります。

 

有力な一つの理由は江戸時代の吉原です。

現在の水商売でも同じですが、年になんだかんだといってイベントをしてお客さんを集めようとします。

数百年前の江戸時代も同じで、当時は正月・お盆・花見・お月見が大きなイベントでした。

そしてお月見というイベントの商機を増やすために、1回のお月見は縁起が悪い、という縁起かつぎをしたようです。

スポンサーリンク

 

十五夜(中秋の名月)・十三夜の違いは?

お月見とは一般的に十五夜(中秋の名月)を指します。

十五夜(中秋の名月)と十三夜で何か違いはあるのでしょうか。

 

十五夜は秋の美しい月を観賞しながら、秋の収穫に感謝をする行事で、「中秋の名月」と呼ばれています。

旧暦で7月から8月が秋で、台風が落ち着き、秋晴れが多く空が澄んでいることがからこの時期が選ばれたようです。

十五夜には月見だんご、すすき、芋などの収穫物などを供えるのは、神様に収穫を感謝するためです。

 

十三夜は栗の収穫祝いです。

十三夜は日本で生まれた風習だとされています。

栗や豆の収穫祝いで、月見だんご、すすき、栗や豆などを供えます。

 

お月見といえば何故うさぎ?

お月見といえば、うさぎの童話がありますし、また月の模様は餅つきをしているうさぎに見える、と言われています。

何故、うさぎと月は連想されるのでしょうか?

 

理由は、古代インドの仏教のお話でうさぎと月に関する古い話があるからです。

 

月のうさぎは仏教におけるジャータカの一つササジャータカと言われる仏教説話に由来します。

お釈迦様の前世でのお話です。

バラモンに食べ物を供養しようとしたいろいろな生き物たちが食べ物をお供え物として持ってくるのですが、うさぎだけは食べるものを持ってくることが出来ませんでした。

 

そこでうさぎは、薪を持ってきてバラモンに私をお供えとして供養しますのでお食べ下さいと言って火の中に飛びこんで死んでしまいます。

 

そしてうさぎは生まれ変わってお月さまの中にいます

と言うお話です。

参考URL:http://www.worldfolksong.com/songbook/japan/usagi.htm

 

この逸話は、手塚治虫のマンガ「ブッダ」でも冒頭に取り上げられている有名な逸話です。

仏教はインドで生まれ、中国を経由して日本に入ってきたといわれていますが、仏教とは直接つながっていない神様をお祭りする行事でインド仏教の影響が残っていて興味深いです。

 

今回は2015年のお月見の時期・片見月の縁起等についてご紹介しました。

何気なく受け入れている祭事や行事の由来を調べてみるのは興味深いですよね。

最後までお読み頂き有難うございました。

2015 お月見関連記事

>>2015 関東で開催されるおススメお月見イベント<<

>>2015 京都で開催される”観月会”まとめ<<

>>2015 お月見の時期はいつ?1回だけのお月見は縁起が悪い?<<

2015 シルバーウィーク旅行・デート関連記事

>>シルバーウィーク 【関東】おススメイベント・穴場デートスポット<<

>>シルバーウィーク 【関西】おススメイベント・穴場デートスポット<<

>>2015トレンドおススメの国内旅行情報!インフィニティ風呂とは!<<

>>9月に関東・甲信越で紅葉を見れる場所はどこ?<<

>>9月に関東で開催されるオクトーバーフェストまとめ!<<

 

スポンサーリンク