>>前のページに戻る<<

外耳道炎

耳の中、耳の外部から鼓膜までの間:外耳道と呼ばれる部分に発生する炎症です。

最初はかゆみや耳の違和感から始まります。

耳たぶを引っ張ったり、耳の穴の手前の部分を押しても、強く痛みます。

次第に強く痛むようになり、中耳炎の時よりも激しい痛みになる場合があります。

耳かきや不潔な指先で外耳道をいじって傷をつけ、細菌に感染して発症します。

また髪をあらったり、プールや川で泳ぐなど、不潔な水が耳に入ることによって感染する場合もあります。

夜間などに急に痛みが起きた場合は鎮痛剤の服用が適切です。

病院で行われる治療法は、外耳道を清掃し、抗生物質の入った軟膏あるいは点耳液での治療が行われます。

また必要に応じて抗生物質を服用する場合もあります。

また状況に応じて切開して膿を出す場合もあります。

スポンサーリンク

耳せつ

耳の穴の中(外耳道)におできができて痛み、膿をもつことも

耳の中、耳の外部から鼓膜までの間:外耳道と呼ばれる部分に発生する炎症です。

外耳道湿疹とも呼ばれます。

シャンプー、毛染め液、香水、イヤリングなどの金属によって外耳道の皮膚に発生する湿疹です。

またこれに細菌感染の加わった細菌湿疹である可能性もあります。

(後述しますが、外耳道湿疹は強い痒みを伴うため、耳を指でかいてしまい、結果的にその傷から細菌に感染するケースがあります。)

耳たぶや外耳道の入り口が赤くはれ、透明かあるいは僅かに黄色い液体の耳だれが出ます。

また白い細かい皮膚のくずを含む耳だれが出る場合があります。

非常にひどいかゆみを伴うことが多く、この痒みが細菌感染に結びつく恐れがあります。

対処にあたっては、原因となっている物質を取り除きます。

その後、軟膏や副腎皮質ホルモン入りのクリーム等を塗ります。

また湿疹の治療にあたっては湿疹をかかないことが最重要となります。

ウィルス性内耳炎

全身のウィルス感染に引き続いて内耳に炎症が起こり、難聴やめまい、耳鳴りなどの症状が表れます。

大人がかかる場合もありますたが、大半は子どもです。

また片側だけ感染する場合もあり、分かりにくく健康診断で気付くような消すもあります。

ウィルス性内耳炎となる可能性がある病気は、流行性耳下腺炎、麻疹(はしか)、帯状疱疹、インフルエンザ、風疹等です。

これらのウィルスによってかかってしまったウィルス性内耳炎、あるいは難聴は回復しない場合が多く、予めワクチンを接種することによって重症化を抑えることが重要となります。

スポンサーリンク

顎関節症

細菌、ウィルスなどの感染を伴わないあご関節の障害を指します。

原因としては、よくないかみ合わせ、歯軋りなどの癖、外傷や精神的ストレスなどが原因となります。

耳の前の顎関節の痛み、スムーズにかみ合わせが出来ない、口を開閉した際にクリック音と呼ばれる妙な音がする、等の症状が現れます。

人によっては、あごと動かした際に痛みを感じて、耳の痛みを強く感じる場合があります。

対処法として、緊張など筋肉が原因の場合は、筋肉の緊張をゆるめる薬が処方されます。

歯のかみあわせに問題がある場合は、歯や歯にかぶせてある素材の調整が行われます。

 

耳の痛みを放置していて問題ない?

耳の痛みの原因となる可能性のある病気についてご紹介しました。

耳の痛みといっても様々な原因がありえますが、非常に軽度の中耳炎であれば鎮痛剤等で痛みを抑えることで、自然治癒を待つことが出来ます。

もし痛みが強くなる場合は、病院でしか処方されていない適切な抗生剤(服用、軟膏等)を得る必要がありますので、専門医の診察を受けるべきです。

 

最後までお読み頂き有難うございます。

2015 インフルエンザ

>>インフルエンザ簡易診断キットは痛い?自宅で可能?検査時間<<

>>インフルエンザにバファリンは危険!飲んではいけない薬は?<<

>>2015インフルエンザ予防接種はいつまですべき?効果持続期間・料金は?<<

>>2015 インフルエンザ予防方法【リレンザ イナビル フルミスト】って何?<<

 

スポンサーリンク