>>前のページに戻る<<

自律神経失調症

自律神経失調症は自律神経に含まれる交感神経、副交感神経いずれから極度に緊張状態になることで発症します。この自律神経は体内の様々な物質の分泌機能や免疫機能等、身体のバランスを一定に保つための重要な働きをしている器官です。

自律神経失調症は様々な症状を伴います

全身の症状:全身の倦怠感、疲れやすさ、のぼせ、冷え性、焦燥感、寝汗等

循環器系:動悸、息切れ、不整脈、血圧変動、血管神経性浮腫等

呼吸器系:呼吸困難、気管支ぜんそく

消化器系:食欲不振、吐き気、口の渇き、不快感等

神経系:頭痛、肩こり、四肢のしびれ感、めまい、耳鳴り、不眠等

治療方法は心理療法、薬物療法、行動療法等です。

スポンサーリンク

更年期障害

更年期障害も耳鳴りを伴う可能性があります。

更年期障害の発症する期間は、女性の40歳から55歳までの期間です。

一般的に更年期とは閉経の10年前から閉経後の5年間で、平均的な閉経時期は50歳とされているためです。

更年期障害の一般的な症状はホットフラッシュ、足の冷え、腰の痛みや冷え、憂鬱、疲れやすい、食欲が無い、性交痛などです。

ホットフラッシュとは顔など一部の個所が急激に熱くなる減少です。

身体の血管はノルエピネフリンというホルモンによって調整されていますが、更年期期間にホルモンの分泌が変動するためにこのような症状が出ると考えられています。

うつ病

精神病の一つであるうつ病も耳鳴りを併発する可能性があります。

うつ病になると気分が憂鬱になり、全てがうまくいかないと感じてしまいます。

一般的に朝方の調子は悪く、夕方になると徐々に改善していきます。

また毎年春先や秋ぐちなど、決まった季節に症状が出現する季節性うつ病もそんざいします。

仕事熱心で凝り性な人、きちょうめんな性格の人がなりやすいという特徴があります。

スポンサーリンク

神経症

神経症は幾つかの類型があります。

不安神経症、恐怖症、強迫神経症、ヒステリー、心気神経症です。

心気神経症になると、脈拍、発汗、胃腸の動きなど僅かな動きに対して重大な病気だと恐れて、悩んだりします。

脳腫瘍

脳腫瘍が進行した場合にも耳鳴りを併発する可能性があります。

脳腫瘍は腫瘍が発生した場所によって様々な症状があります。

脳の圧迫や破壊によって神経機能のまひ、てんかん、頭の中の圧力が高まることによる頭痛、嘔吐、意識障害、まぶたの位置が下がる、ホルモンの分泌障害等です。

耳鳴りを放置していて問題ない?

耳鳴りの原因となる可能性のある病気についてご紹介しました。

耳鳴りといっても様々な原因がありえます。

例えば軽度の貧血等を原因とする耳鳴りであれば自然治癒する可能性があります。

その他の病院を原因とする耳鳴りであった場合は、医師の診察・治療を受けるのが望ましいです。

軽度な耳鳴りであればそのままにするとして、今まで経験したことのない種類や時間、頻度の耳鳴りであれば、他の身体の異常と合わせて医師に相談しるのが望ましいです。

2015 インフルエンザ

>>インフルエンザ簡易診断キットは痛い?自宅で可能?検査時間<<

>>インフルエンザにバファリンは危険!飲んではいけない薬は?<<

>>2015インフルエンザ予防接種はいつまですべき?効果持続期間・料金は?<<

>>2015 インフルエンザ予防方法【リレンザ イナビル フルミスト】って何?<<

 

スポンサーリンク