インフルエンザに感染すると39度から40度の高い高熱が出ます。

風邪や他の病気に感染した際に、高熱でうなされるのは大変つらいので解熱鎮痛剤を使うことがあります。

しかし、インフルエンザに感染した際、市販の解熱鎮痛剤を使うと深刻な副作用を及ぼすおそれがあります。

この副作用は「インフルエンザ脳症」「インフルエンザ脳炎」等と呼ばれています。

今回は解熱鎮痛剤を利用すると何故副作用が起きてしまうのか、またどのような副作用なのか、どのような解熱鎮痛剤が副作用を起こしやすいのかまとめてみました。

 

2015-2016 インフルエンザ

>>インフルエンザ簡易診断キットは痛い?自宅で可能?検査時間<<

>>インフルエンザにバファリンは危険!飲んではいけない薬は?<<

>>2015インフルエンザ予防接種はいつまですべき?効果持続期間・料金は?<<

>>2015 インフルエンザ予防方法【リレンザ イナビル フルミスト】って何?<<

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザとは

インフルエンザとはかぜ症候群の一つです。

症状としては、寒気、高熱、頭痛、筋肉痛、関節痛みなどの症状が総じて発生します。

人によって個人差があるので、全ての症状を等しく発症する訳ではありません。

 

インフルエンザに感染すると1日から3日の潜伏期間を経て、急激に発症します。

普通の風邪よりも症状は重く、ふるえとともに寒けを感じたり、39度から40度の高熱、頭痛や全身の関節痛等の症状が出ます。

また鼻水がとまらない、鼻が詰まっていると感じる、鼻や喉の奥の痛みも現れます。

数日の発熱が続きますが、徐々に症状が軽くなりますが、せきは続きます。

 

「インフルエンザ脳症」「インフルエンザ脳炎」とは?

一般的にインフルエンザ脳症と呼ばれている病気があります。

インフルエンザにかかった幼児(主に1才から5才)に、鎮痛解熱剤を処方した後、けいれん、高熱、意味不明の言動、意識障害などの症状が出ます。

死亡率や後遺症が残る可能性の高い怖い病気です。

この病名は、インフルエンザ脳症という表現は正しくないのではないかと言う指摘があります。

なぜなら、厳密にはインフルエンザウイルスが原因ではないからです。

 

インフルエンザに感染した際の高熱は、ウイルスが出しているものではありません。

身体がウイルスを退治するために、自分自身で出しているものです。

一方で解熱鎮痛剤を使用すると、強制的に熱が下がるので、熱で弱っていたウイルスが元気を取り戻し、逆に症状が悪化・長引いてしまう恐れがあります。

抗生剤や解熱鎮痛剤を積極的に利用しない医師は、熱が苦しい場合に氷枕や脇の下を冷やして楽にするべきという推薦もあります。

スポンサーリンク

 

インフルエンザと風邪の違い?

風邪だと思っていたらインフルエンザに感染していた、ということは時にあります。

確かにインフルエンザと風邪の症状は似ています。

鼻水、咳、くしゃみ、発熱などは共通しています。

大きな違いとして、インフルエンザに感染した場合は急激に体温が上がります。

風邪の場合はゆっくりと体温が上がります。

発熱が39度~40度に達してしまっている場合は、インフルエンザである可能性が高いです。

 

インフルエンザ脳症の発生しやすいウイルスのタイプは?

インフルエンザの種類はA型、B型、C型の3種類のタイプがあります。

A型には、A香港型、Aソ連型等の種類があります。

以下、タイプごとの特徴です。

インフルエンザA型の特徴

・年齢を問わず大流行する。

・感染力が強い。

・感染した際の症状は、A型、B型に大きな違いはない。

・A型は人から人に加えて、鳥等動物からも感染する。

インフルエンザB型の特徴

・児童を中心に大流行する。

・感染力が強い。

・感染した際の症状は、A型、B型に大きな違いはない。

B型は比較的消化器系の症状が出やすい。

・B型は人から人に感染する。動物からは感染しない。

インフルエンザC型の特徴

・感染症状が軽く、主に乳幼児が感染する。

基本的に成人では問題にならない。

・感染力が弱い。

インフルエンザ脳症は5歳以下(特に1歳から3歳を中心に、)ウイルスのタイプはA型インフルエンザ(A香港型)による発症が多いです。

 

次のページでインフルエンザ脳症等の副作用を及ぼす可能性のある鎮痛解熱剤、安全と言われている鎮痛解熱剤についてご紹介しています。

 

>>続きを読む<<

 

スポンサーリンク