毎年冬になると流行するインフルエンザ。

高熱が続き、一度感染してしまうと二次感染防止のためにしばらく落ち着いても家で待機する必要があります。

気になるのはインフルエンザがいつまで感染能力を持っているのか、またいつまで外出禁止・出社や通学が出来ないのか、です。

今回はインフルエンザの保菌期間や感染期間、いつまで出勤・通勤せずに家で待機する必要性があるのかについてまとめました。

 

2015-2016 インフルエンザ

>>インフルエンザ簡易診断キットは痛い?自宅で可能?検査時間<<

>>インフルエンザにバファリンは危険!飲んではいけない薬は?<<

>>2015インフルエンザ予防接種はいつまですべき?効果持続期間・料金は?<<

>>2015 インフルエンザ予防方法【リレンザ イナビル フルミスト】って何?<<

 

スポンサーリンク

 

インフルエンザとは

インフルエンザとはかぜ症候群の一つです。

インフルエンザの特徴は急激に発症し、39度から40度の高熱症状を伴うことです。

症状としては、寒気、高熱、頭痛、筋肉痛、関節痛みなどの症状が総じて発生します。

人によって個人差があるので、全ての症状を等しく発症する訳ではありません。

数日の発熱が続きますが、徐々に症状が軽くなります。

症状は安定した場合もせきは続く傾向があります。

スポンサーリンク

 

インフルエンザの潜伏期間・感染期間とは?

インフルエンザの潜伏期間は、一般的に1日から2日程度といわれています。

潜伏期間とは、ウイルスが体内に侵入してからインフルエンザの症状を発症するまでの期間です。

インフルエンザの潜伏期間はほかのウイルスと比較すると非常に短い期間です。

(たとえばエイズHIVウイルスの潜伏期間は、数年から数十年間です。)

 

【インフルエンザの潜伏期間】

①感染
②潜伏期間 1日~2日程度
③発症 3日~5日間
④回復期 解熱後2日程度

②から④までの期間は感染力があります。

本人がインフルエンザは治癒していると思っていても、伝染する能力のある状態なので危険です。

共同生活している家族がインフルエンザに感染している場合はインフルエンザの予防接種に加えて、マスクを使う、こまめにアルコール洗浄をするなど家庭内での伝染防止を行う必要があります。

 

インフルエンザは増殖のスピードが非常に速いため、他のウイルスと比較して圧倒的に短い潜伏期間です。

最初に体内に侵入してきたインフルエンザウイルスは、約8時間後には100個まで増加しているといわれています。

また感染から24時間が経過すると、インフルエンザウイルスは100万個まで増え、この状況になるとさむけ、悪寒などの自覚症状があらわれてきます。

 

>>続きを読む<<

 

スポンサーリンク