くしゃみや鼻水が止まらない花粉症は、春になる印象が強いですが、実は秋に花粉症になる可能性があります。

春の花粉症の原因はスギの花粉と言われていますが、植物によって花粉を撒くタイミングは異なります。

何故か、秋になってから、9月の下旬~10月の上旬から「目がかゆい」「鼻水、くしゃみが止まらない」という症状を持っている方は、花粉症を疑ってみてください。

スポンサーリンク

 

花粉症の原因となる植物は?

植物 時期
ブタクサ 8月上旬から10月末
ヨモギ 8月下旬から10月末
カナムグラ 8月下旬から10月上旬
セイタカアワダチソウ 9月下旬から11月末
スギ 2月上旬から5月上旬
イネ 7月下旬から8月末

秋の花粉症の原因は、一般的にブタクサヨモギだと言われています。

ブタクサはキク科で非常に繁殖力の強い植物です。

花粉が小さいために、肺まで入りやすく、花粉症と同様に喘息の原因になる植物です。

ヨモギはヨモギ餅で有名な草ですが、どうようにキク科で、花粉を飛ばします。

一般的に、スギと比べると花粉の飛ぶ量が少なく、スギとは異なって低いので花粉が飛ぶ範囲も狭いのです。

しかし、春の花粉症で悩んでいる人にとっては、同様に花粉症を引き起こす可能性があり、注意する必要があります。

 

秋に花粉症に似た症状の出る他の要因①ハウスダスト

秋にはダニなどハウスダストによるアレルギーも増える傾向にあります。

ダニは湿度の高い夏場に繁殖し、秋にかけて死滅していきます。

これらダニの死骸が埃として部屋に溜まっていきます。

部屋は乾燥し、また部屋の衣替えや掃除など埃が舞う機会が増え、ハウスダストによるアレルギーにつながります。

ハウスダストによるアレルギーも、くしゃみや鼻水等、花粉症と似たような症状を引き起こすため、混同する可能性があります。

 

秋に花粉症に似た症状の出る他の要因②季節の変わり目

周囲の環境が変化していなくても、自分の身体の調整能力の変化によって、花粉症と似た症状を引き起こす可能性があります。

季節の変わり目には自律神経が気候の変化についていけず、花粉症に似た症状を起こす可能性があります。

スポンサーリンク

 

風邪と花粉症の違いとは?

花粉症に似た症状になった場合に、風邪なのか花粉症なのか症状によって見分けることが出来ます。

風邪の場合であれば、安静にしておけば治るのですが、花粉症の場合は、安静にしていても治らず、心配になります。

(自己判断は難しいので参考までにご覧頂き、症状が長引くようであれば病院へ行きましょう。

何より病院の先生から花粉症か確認取れれば安心できます。)

 

以下、風邪と花粉症の症状の違いです。

症状 花粉症 風邪
鼻水 透明で水っぽい。無色。 粘りがある
目のかゆみ あり なし
発熱 基本的にはない。あったとしても微熱。 有り
基本的になし 緑色や黄色
天候 晴天で風のある日に悪化 天候による影響は原則なし
期間 数ヶ月 長くて1週間程度

基本的に風邪はウイルスによる粘膜の炎症です。

炎症へ抵抗しているため、基本的に熱が出ますし、細菌の死骸として痰が出ます。

一方で、花粉症については身体が花粉に対して過剰にアレルギー反応をしている状態なので、風邪ような症状はありません。

上記のような状況で、一定の判断は出来ますが、本当に花粉症であるかどうかは病院にいき医師の確認、検査を受けるべきです。

 

>>続きを読む<< 

 

スポンサーリンク