>>前のページに戻る<<

 

花粉症対策

花粉症であることが分かった場合、もちろん病院で薬を得ることも可能ですが、可能であれば薬を飲まず症状を緩和したいです。

人によって異なりますが、花粉症の薬を飲むと眠くなりますし、長期的に飲み続けるのはどうにか避けたいですよね。

物理的な花粉症対策のアイテムは以下の通り。

スポンサーリンク

 

花粉症対策メガネ

    スポンサーリンク      

花粉症対策マスク

 

花粉症マスクを効率的に着用するポイントは幾つかあります。

ポイント①ウェットティッシュをマスクに挟む

顔とマスクの間にウェットティッシュを挟むとより効果的です。

鼻や口を通して進入してくる花粉をマスクは一定量防いでくれまずが完全に全ての花粉を防ぐ訳ではありません。

間にウェットティッシュをいれることで、ウェットティッシュとその湿度がマスクの効果を更に高めてくれます。

ポイント②雨の後は重点的にマスクをフィットさせる

雨の後は花粉症が悪化する可能性が高いです。

今までアレルギーの原因物質は花粉に含まれていて、花粉を吸入するとアレルギー反応が起こると考えられていました。

 

最近の研究によると、雨が降った後にアレルギーが乾燥し、割れて出た破片にアレルギーの原因物質が含まれていて、花粉症を悪化させている可能性があることが分かりました。

よって花粉症を悪化させないために、雨の日のあとは特にマスクをフィットさせると良いです。

ポイント③マスクの交換頻度を増やす

マスクを使い続けているとマスクの外部、内部ともに徐々に見えない花粉が付着します。

花粉がくっつくことによって、マスクによる花粉を除去する機能は徐々に低くなってしまうので、マスクの交換頻度を増やせば、一定の効果アップを期待できます。

 

最後までお読み頂き有難うございました。

 

スポンサーリンク