最近はコーティングの技術や小型化が進んで飲みやすくなっていますが、それでも薬を飲むのはちょっと大変ですよね。

粉末の薬だと苦い薬も多いですし、カプセルだと大きいので飲み込むのが大変です。

そんな時に、多くの人が考えるのはアップルジュース等甘い飲み物を一緒に飲めば間単にのめるのではないか?という考えです。

しかし、ジュースで飲もうとしたら親から白湯など水で飲むように注意を受けたことが誰でもあるはず。

なぜ、水以外で飲むのはダメなのでしょうか。

今回は、水以外で薬を飲むのが危険な理由及び具体的にどんな薬・飲み物の飲み合わせが危険なのかまとめてみました。

スポンサーリンク

水以外で薬を飲むのがダメな理由は二つ有ります。

ひとつは、一部の飲み物は副作用を強くするため。

もうひとつは、一部の飲み物は効果を弱くするため

 

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

副作用が強くなる:コーヒーや紅茶

風邪薬をコーヒーや紅茶と一緒に飲むのは危険です。

また風邪薬を飲んだ後に眠気覚ましにコーヒー、紅茶を飲んだり、栄養補給に栄養ドリンクを飲む人もいるかもしれません。

しかし、最近の風邪薬には眠気を防ぐため、そもそもカフェインを配合したタイプのものが多くあります。

そのため、風邪薬と上記の飲み物を一緒に飲むと、カフェインの過剰摂取となってしまい、頭痛を起こしたり、眠れなくなってしまったりします。

風邪の最善の治療方法は、安静にして休み、睡眠時間を確保することです。

副作用によって、風邪の治りが遅くなってしまう危険性があるので、くれぐれも風邪薬+コーヒー、紅茶、栄養ドリンクという飲み合わせはやめましょう。

もし、どうしてもコーヒー、紅茶等を飲みたい、という場合はあらかじめ風薬のパッケージを呼んで、カフェインが配合されていないタイプが確認するとよいと思います。

スポンサーリンク

 

副作用が強くなる:アルコール

また薬をアルコールと飲むのも非常に危険です。

通常、薬もアルコールも体内に入ると肝臓で毒性を処理して、体内で利用できるもの、排出するものに合成されます。

アルコールは身体にとって毒性の強い物質で、肝臓は最優先で処理を行います。

アルコールと薬を同時に接種すると、薬が長時間、肝臓で処理されずに滞留することになり、薬の効果や副作用が強く出る危険性があります。

特にアルコールとの併用が絶対にNGの薬は以下の通りです。

 

解熱鎮痛剤

風邪の頭痛鎮痛や解熱、生理痛の鎮痛等に用いられる解熱鎮痛剤は、アルコールと併用すると胃腸が荒れてしまいます。

特に解熱鎮痛剤はそもそも胃腸に負担をかけるため、胃腸薬と併用することが多いです。

アルコールと併用すると、腹痛、吐き気等が強くなる危険性があります。

市販の風邪薬、総合感冒薬にも同じく効果・副作用の強く出る可能性のある薬が多いので注意が必要です。

 

睡眠薬

ハルシオン等の睡眠薬はアルコールと併用すると、意識が朦朧としたり、記憶障害に繋がる危険性があります。

 

抗生剤

病院で風邪薬には抗生物質を含む薬が処方される可能性があります。

抗生剤の肝臓での代謝、処理には時間がかかるので、アルコールとの併用によってアルコールの代謝が遅くなり、ひどい二日酔い状態に繋がる危険性があります。

 

副作用が強くなる:牛乳

牛乳は胃の中で、一部の薬の吸収を促進したり、阻害したりして、想定していた効果を発揮させない場合があります。

特に一部の下剤は、腸で吸収されますが、牛乳を飲むことで胃で溶けて吸収が早まってしまい、必要以上に強い効果が出る恐れがあります。

具体的に影響を受ける薬は抗菌剤(グリセオフルビン)と脂溶性の下剤(コーラック)等です。

また一部の抗生物質も牛乳と呑むと危険です。

テトラサイクリンという抗生物質は、牛乳といっしょに飲むと薬の成分が牛乳のカルシウムと結合して、吸収が非常に悪くなってしまいます。

 

効果が弱まる:柑橘系ジュース

グレープフルーツジュース等一部のジュースは薬物相互作用と呼ばれる薬の効果を増強したり、弱めたりする作用が出来る可能性があります。

 

効果が弱まる:炭酸飲料

炭酸飲料には甘味料が含まれていて、この甘味料とセトアミノフェン、アスピリンが結合し、吸収が悪くなることがあります。

 

まとめ

今回ご紹介した薬と一緒に飲んでは危険な飲み物の飲み合わせをまとめました。

【副作用が強まる】

飲み物 薬の種類 理由
コーヒー、紅茶、栄養ドリンク等 風邪薬、解熱鎮痛剤、花粉症治療薬 カフェインの過剰摂取に繋がる。
アルコール 全般 副作用が増大。非常に危険。
牛乳 腸で溶ける下剤 腸ではなく胃で溶けやすくなり、吐き気等

 

【効果が弱まる】

飲み物 薬の種類 理由
柑橘系ジュール類 胃薬、便秘薬 薬が科学変化を起こし、吸収量が減少
炭酸飲料 アセトアミノフェン、アスピリン 炭酸飲料の甘味成分と結合し吸収が悪くなる

多くの薬は1日3回飲むとされています。

特に指示がない限り食後30分以内に水あるいは白湯で飲むのが望ましいです。

薬を飲む場合、もし吸収のことを考えるのであれば空腹時に飲んだほうが良いのではないかと考える方がいらっしゃるかもしれません。

しかし、空腹時よりも胃腸に何か別のものがあったほうが薬の吸収がよくなると言われています。

よって、薬を飲む場合には、食後、消化が進んでいる段階で、白湯・水とともに摂取するようにしましょう。

最後までお読み頂き有難う御座いました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

スポンサーリンク