こんにちは。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

妊娠は、赤ちゃんとの出会いの第一歩ですね。

高精度・高機能な電子部品を開発しているオムロンさんという会社ですが、今回はオムロンさんの妊娠検査薬の「クリアブルー」という商品についてまとめて見ました。

妊娠検査薬を使用する時は、とても緊張しますよね。

安心してお使いいただくために、使い方などをまとめてみましたので、参考にしてみてください。

2015 女性の悩み・最新の薬

>>月経異常PMSに効果のあるプレフェミン?<<

>>小林製薬命の母ホワイトは生理不順に効果アリ!<<

>>妊娠検査薬ドゥーテストの使い方!フライング検査はダメ<<

 

スポンサーリンク

 

クリアブルー(Clearblue)とは?

Clear blue_01

出典: http://www.kenko.com/product/item/itm_6551125072.html

クリアブルーは尿中のヒト絨毛性(じゅうもうせい)性腺刺激ホルモンhCGの検出する検査薬です。

hCGとはヒト絨毛性(じゅうもうせい)性腺刺激ホルモンの略称です。

ホルモンの一つで、子宮絨毛から分泌されて、黄体からプロゲステロンを分泌させて、妊娠状態を保ちます。

hCGの機能は、卵巣では排卵、そして精巣ではテストステロン産生を誘発します。

hCGの構造は、237のアミノ酸からなる糖タンパク質と、黄体形成ホルモン(HL)、卵胞刺激ホルモン(FSH)などから作られています。

 

クリアブルーは、サンドイッチ型免疫測定法と免疫クロマトグラフィーを組み合わせた方法により、hcgを検出する妊娠検査薬です。

1回用と2回用があります。

クリアブルーは、99%以上の正確判定をすることが出来ます。

クリアブルーは、第2類医薬品ですので、薬剤師または登録販売員のもとで購入できます。

ただ、補助的に検査するものであるため、確定診断をするものではありません。

 

妊娠初期は、胎児の脳や心臓が作られる時期です。とても大事な部分ですね。外からの影響が受けやすい時期でもあるということを知っておいていただきたいです。

妊娠していることを早く知り、栄養摂取など、十分気をつけたいですね。

飲酒、喫煙も避けたいところです。

スポンサーリンク

 

フライング検査はダメ?

やはり気になるのが使用時期や時間ですが、クリアブルーは、生理予定日の約1週間後くらいからお使いいただけます。

フライング検査は、正しい検査結果が得られない場合も多いです。

時間帯は、朝、昼、夜、どの時間帯にお使いいただいても大丈夫です。

ただ、hCGの濃度に影響されることがあります。朝一番をオススメします。

 

クリアブルーの検査の仕方について

クリアブルーは、ご自身で簡単にチェックすることができます。

検査方法は2通りあります。

A直接尿をかけて検査する方法

メリット…検査時間が早い

メリット…尿の量や尿をかける位置により、正しく検査できない場合がある

B紙コップなどを使用し、検査する方法(こちらをオススメします)

メリット…より確実に検査ができる

デメリット…検査に20秒はかかる

紙コップ等は、清潔な乾いた容器をご用意ください。

 

1、アルミ包装からテストスティックを取り出します。

2、キャップを外し、サンプラーを下に向けます。

3、サンプラーを尿で浸します。

A直接尿をかける場合、5秒間濡らします。

B容器を用いる場合、20秒間濡らします。

(プラスチック部分に尿がかからないようにしてください。)

4、サンプラーを下に向けたままキャップをかぶせます。

5、判断窓に尿がしみてくることを確認します。

(サンプラーを上に向けないでください。)

6、判断窓が見えるようにして、平らな場所に置きます。

 

クリアブルーの判定について

陽性の場合は、「終了確認窓(丸い窓)」に青に線がでます。陰性の場合は、線はでません。

閉経期やhCG産生腫瘍の場合、陽性になることがあります。

子宮外妊娠や胎児異常、予定していた生理がないとき、陰性になることがあります。

風邪薬やピル等の服用や飲酒による影響はありません。

ただ、hCGを含んだ性腺刺激ホルモン剤(不妊治療など)の投与を受けている場合は、影響があるかもしれません。

 

クリアブルーを使用する際の注意事項

・検査結果から、ご自身で妊娠していることを確定診断することはしないでください。

妊娠を確実にしているかを判断するのは、病院の医師です。

病院の医師が超音波検査などの結果から、総合的に判断します。

・不妊治療を受けている方は医師にご相談ください。

・陰性の診断結果が出ても、その後生理が始まらない時は、再検査を行うか、医師にご相談ください。

 

妊娠したいな!と思っている方、排卵について再チェック!

妊娠には、女性の卵子を男性の精子が受精することが必要です。お互いに生存している時期に出会います。

卵子は、排卵後約24時間(1日)で、精子は、女性の体内で2~3日生存します。

ですので、排卵日がいつなのか、タイミングを知っておくことはとても大切です。

排卵を知る方法は、2種類あります。基礎体温法と排卵日検査薬です。

基礎体温法

基礎体温測定には、通常の体温計ではなく、婦人用の体温計を使います。婦人用の体温計の特徴は、小数点2桁まで測定することができます。生理から排卵日までを低温相といいます。また、排卵後の約2週間は高温相といいます。婦人用の体温計は、低温相と高温相のわずかな温度差の変化もみます。

毎朝、目が覚めたら寝たままの状態で測ります。

排卵日検査薬

排卵日前に、急激に分泌される黄体形成ホルモンの濃度を捉えます。排卵日を約1日前に知ることができます。

 

まとめ

・クリアブルーは、hCGを検出するための妊娠検査薬

・クリアブルーは、妊娠を確定診断するものではない

・不妊治療を受けている方は、医師にご相談ください。

といったことをお話させていただきました。

妊娠したいと思っている方は、健康管理をしっかり行いたいですね。自分自身を見つめることが大切ですね。

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

2015 女性の悩み・最新の薬

>>月経異常PMSに効果のあるプレフェミン?<<

>>小林製薬命の母ホワイトは生理不順に効果アリ!<<

>>妊娠検査薬ドゥーテストの使い方!フライング検査はダメ<<

 

スポンサーリンク