風邪は様々なウィルスの侵入によって起こります。

「何が原因だか分からないけれど頭痛が酷いし、風邪かな?」と思い、それでも仕事などが忙しく、なかなか病院にかかれない…という方も多くいらっしゃると思います。

そんな場合は、ドラックストアなどで市販薬を購入する事になります。

その時に、より治りやすい、などと考えて風邪薬と頭痛薬を同時に購入する方もいらっしゃるかと思いますが、その場で併用の際の危険性については、殆ど説明されないのが現状でしょう。

そこで今回は、風邪薬と頭痛薬について、また併用する際に注意しておきたい点、特に副作用に気をつけておきたい点をご紹介していきます。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

スポンサーリンク

風邪薬とその選び方

風邪薬と言っても、それぞれの薬の成分によって風邪のどの症状に効くのか、特徴が違います。例えば咳や喉、鼻の症状、また頭痛など、自分の主な症状に合わせて選ぶことが大切でしょう。

今回は頭痛に対してどの風邪薬が良いのかを説明していきます。

頭痛に対する鎮痛作用の成分として、主にイブプロフェン、アスピリン、アセトアミノフェン、エテンザミドなどが挙げられます。風邪薬は一般的に総合感冒薬として、風邪の諸症状に対するものですが、頭痛が主に酷い場合にはこれらの解熱鎮痛作用成分を主とした薬を選ぶと良いでしょう。

 

頭痛薬とその副作用

一般的に市販されている頭痛薬にも、実に様々な種類があります。頭痛薬は鎮痛作用成分を主としており、前述した風邪薬にも含まれる成分が含まれています。

ですが、頭痛薬で気をつけたいのは副作用です。主に挙げられるのは胃痛、便秘などの胃腸障害です。そしてまれにですが、腎臓や肝機能に障害を起こす場合もあります。

成分によっての副作用の強さですが、イブプロフェン、アセトアミノフェンは比較的胃への負担が少なく、消炎鎮痛作用にも優れています。アスピリンは更に鎮痛作用と即効性にも優れますが、若干胃への負担がかかります。エテンザミドはアスピリンと同系の成分ですが、小児用の頭痛薬にも使われます。

このように頭痛薬は特に胃腸への負担をかけるため、服用する際は空腹時を避け、食後に服用する事が大切になります。

Pill 04

風邪薬と頭痛薬の併用による副作用

風邪には頭痛の他に咳や鼻水の症状も現れる事が多いでしょう。そのため風邪の一番の症状として頭痛が起きてもその他の諸症状を抑えようと、風邪薬と頭痛薬を併用しようとしたことはないでしょうか。

しかし、風邪薬と頭痛薬の飲み合わせには、十分気をつけなくてはいけない点があるのです。

 

1)頭痛薬と風邪薬、いわゆる総合感冒薬の飲み合わせは、解熱鎮痛剤作用が強くなるため、胃腸障害などの副作用を起こしやすくなります。

2)風邪薬の中に含まれる抗ヒスタミンの成分の影響で、眠気が強くなる事もあります。

3)解熱成分としてカフェインが含まれる成分が多く含まれていると、解熱作用の逆効果で返って頭痛を酷くする場合もあります。

 

このように、風邪薬と頭痛薬の併用は危険なものと言えます。もしも、市販薬では治まらず、病院にかかった際に複数の薬を処方された場合は、医師や薬剤師から十分な説明を受ける事が大切です。

同時にこれらの薬を毎食後に服用するのではなく、風邪薬は一日三回、頭痛薬は一日一回と言った工夫も大事ですが、基本的には、頭痛が酷いからと言って、市販薬で風邪薬と頭痛薬の併用は良くないものと言えるのです。

スポンサーリンク

 

薬の飲み合わせ以外に注意する点

1)アレルギー作用

何らかのアレルギー体質を持っている場合は、どんな薬でも飲み合わせには注意が必要です。

また、薬を服用してそれに対するアレルギーが出る事もあります。

発疹やかゆみなどの皮膚への影響が主ですが、その場合は直ちに服用を中止しましょう。

2)普段から服用している薬がある場合

何らかの疾患があり、普段から病院などで薬を貰い服用している場合は、むやみに市販薬を飲む事は危険です。かかりつけの医師や薬剤師などに相談するのが良いでしょう。

3)飲み合わせの他に、飲食物にも気を配る

コーヒー、紅茶などの飲み物は、解熱鎮痛剤にも含まれるカフェイン成分があるため、薬が効きにくくなり、眠れない、逆に頭痛が激しくなるなどの副作用が現れる場合があるので、注意が必要です。

 

効果的な薬の服用

風邪で頭痛が酷い場合に薬を服用する場合は、まず胃の粘膜を保護してあげることが必要です。頭痛薬であれば、胃の粘膜を保護する薬と併せて服用する事で、頭痛薬の副作用を防ぐ事が出来ます。

また、総合感冒薬を選ぶ際は、自分の症状にあわせて、それに適した総合感冒薬を選ぶとよいでしょう。

そして、風邪を引くと体力が低下します。栄養価の高い食事を採るように心がけ、薬は食後すぐに服用する事が大切です。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

スポンサーリンク