こんにちは。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

流行性角結膜炎という言葉を聞いたことありますか?

結膜炎は比較的有名で聞いたことがある人も多いと思います。

結膜炎という病気は、目の病気です。

流行性角結膜炎(りゅうこうせいかくけつまくえん)も目に関係のある病気です。

今回は、2015年11月流行の兆しを見せている流行性角結膜炎についてご紹介します。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

スポンサーリンク

流行性角結膜炎とは?

流行性角結膜炎は、ウイルスで起こる急性の結膜炎をいいます。

「はやり目」ともいわれています。

感染力がとても強いので、学校では、児童でも成人でも登校禁止や出勤停止になります。

学校保健安全法の学校感染症の一つに、5類感染症として流行性角結膜炎があります。

5類感染症とは、国が調査を行い、情報公開をし、発生の予防を防ぐ必要のある感染症です。厚生労働省が医師に対してお願いして、5類感染症は、感染症を診断した場合、感染症法に基づいて保健所に届けをお願いしています。

 

結膜炎の症状は?

結膜炎の症状として次のようなものがあげられます。

・まぶたがはれることがあります。なみだ目になることがあります。

・充血してめやにが出ます。ひどいときは、めやにで目が開かないくらいになります。

・片目が発症した後に、4~5日経ってから、反対側の目も発症する場合が多いです。

・視力が低下する場合があります。

・重症の場合、耳前リンパ節が腫れます。触ると痛みを伴います。

・重症の場合、まぶたの裏の結膜に白い膜ができて、眼球の結膜に癒着をします。

このような症状がみられた場合は、結膜炎の可能性があります。また、結膜炎の症状は、治まるまで約2~3週間かかります。

スポンサーリンク

 

流行性角結膜炎の感染経路は?

流行性角結膜炎は、アデノウイルス8型によって発症します。アデノウイルスは、49種類の血精型があると現在まで知られています。

8型以外にも19型や37型が流行となっています。

また、流行性角結膜炎は、結膜炎にかかった人の目を触り、その後、その手で他人の目を触ると、ほぼ100%感染します。

昔はよくプールでうつると言われていましたが、最近では一年中みられるようになりました。

潜伏期間は、1~2週間です。角結膜炎は、結膜炎と角膜炎が起こるので、角結膜炎といわれています。

前の文章で、結膜炎の症状について書いてみましたが、今度は角膜炎の症状についてあげていきます。

 

角膜炎の症状は?

・眩しさやかすみを感じます。

・黒目の表面がすりむけます。

・視力障害を伴うこともあります。

このような症状がみられた場合は、角膜炎の可能性があります。

また、角膜炎の症状は、治るまで数ヶ月~1年に及ぶこともあります。

 

流行性角結膜炎の症状は?

流行性角結膜炎の特徴は、急に発症し、流涙を伴います。

両目が感染しやすいです。

また、耳前リンパ節の腫脹があります。

結膜炎が出血性となって、出血性結膜炎となることもあります。

新生児や乳幼児では、細菌の感染で角膜穿孔・偽膜性結膜炎を起こす場合があるので注意が必要です。

 

まとめ

 流行性角結膜炎は、急性のもので、結膜炎と角膜炎が起こるもの 

 流行性角結膜炎の感染経路は、結膜炎にかかった人の目を触り、その後、その手で他人の目を触ると、非常に高い確率で感染する 

 新生児や乳幼児が感染したら、角膜穿孔を引き起こす場合もある 

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

スポンサーリンク