こんにちは。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

20~50代の3人に一人が、冷えのぼせを感じていることをご存知ですか?

冷えのぼせって、聞いたことはあるけど、実際どんな症状かわからない、って人もいるのではないでしょうか。

今回は冷えのぼせの症状や原因、対処法についてご紹介します。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

スポンサーリンク

冷えのぼせとは?

冷えのぼせとは、重度の冷え症のことです。

身体を冷やすことが原因で、冷えの状態になります。

夏の室内外の温度差や、季節の変わり目など、環境が変わることが原因によって起こります。温度差が大きい時に身体を冷やすと、血行不良型の冷えが起こります。

具体的には生理通による冷え等です。

次に、静脈やリンパ管のうつ滞が起こり、身体がむくみます。

これは、水分代謝異常型の冷えです。

血行不良型の冷えと水分代謝異常型の冷えを繰り返すと、頭部が熱感を持ちます。

そして、手足との温度差が大きくなります。

その結果、冷えとのぼせが混在し、冷えのぼせになります。

冷えのぼせは、交感神経と、副交感神経が頻繁に働きます。

ですので、自律神経失調型の冷えともいわれています。

冷えのぼせは、50代の更年期の女性に多い傾向がみられます。

年齢を重ねると悪化します。

しかし、50代の次に多いのは、20代という結果があらわれています。

それはどうしてかというと・・・20代の人は、生まれつきエアコンで育っている環境にあるといわれています。

加えて、運動不足や身体を冷やす食生活など、そういった生活習慣が原因になっています。

 

冷えのぼせの人は、様々な悩みを持っている?

冷えのぼせの症状の方は、様々な悩みをもっています。では、どのような悩みなのでしょうか。

 

・頭痛持ち

・肩こり

・腹痛持ち

・口が渇く

・イライラする

・不安になる

・落ち込む

・ニキビができる

・赤みが出る

・べたつき

・睡眠困難、寝つきが悪くなる

といった悩みを持っています。こちらの根本的な原因も改善が必要ですね。

スポンサーリンク

 

冷えのぼせの症状は?

冷えのぼせの典型的な症状は、次のようなものがあげられます。

・手足は冷たいと言われるが、上半身は特に冷えを感じていない

・手の裏や足の裏など、一部分に汗をかく

・気温や運動など、暑くなる条件の直後に急に熱くなり、大量の汗をかく

・何もしていないときや、寝て目が覚めたとき、大量の汗をかいて冷える

・静かに寝ているときに、突然汗が出る

といった症状がある方は、冷えのぼせの可能性があります。

Pill 01

冷えのぼせの対処法は?

・まず、下半身を温めることが大切です。下半身や手足に熱が行き渡っていない状態ですので、とにかく下半身を温めます。

・自律神経の乱れも原因になります。ストレス解消しましょう。

・半身浴をして、下半身を温めます。

・上半身を冷やします。熱をもっている上半身を冷やすことで少し楽になります。

 

まとめ

・冷えのぼせは、20代~50代のうち3人に1人の割合で起きている

・冷えのぼせは、交感神経と副交感神経が頻繁に働いている。自律神経失調型の冷えともいわれている

・冷えのぼせの人は、様々な悩みをもっているため、根本的な改善が必要である

・冷えのぼせの症状は、一部分に汗をかいたり、大量の汗をかくことである

・対処法は、半身浴などして下半身を温める

冷えが原因で起きている症状なので、運動をしたりして、下半身を温めることが有効な対処のひとつです。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

スポンサーリンク