>>前のページに戻る<<

 

スポンサーリンク

 

ステロイドの強さの比較

コンタックやナザールNRのような点鼻薬に含まれるステロイドと、コールタイジンに含まれるステロイドの強さの比較です。

前者の点鼻薬に含まれるベクロメタゾンプロピオン酸エステルが強さとしてⅲ群(強力)とされているのに対して、後者の点鼻薬に含まれるプレドニゾロンはⅴ群(弱い)ものと分類されています。

ステロイド剤を成分とした点鼻薬は市販薬として種類が少ないものになります。

一般的に通年性の鼻炎薬で市販されている点鼻薬などは、主に「抗ヒスタミン」系の主成分のものが殆どとなっています。

スポンサーリンク

 

まとめ

・ファビ点鼻薬は、副腎皮質ステロイドホルモン剤を主成分としたジェネリックの処方薬です。

・ファビ点鼻薬の副作用は、主にかゆみ、発疹、むくみなどで、アレルギー体質の人やアレルギーに対する薬を服用して同じ症状が出た事のある場合は速やかに中止して医師、薬剤師さんに相談する事が必要です。

・ファビ点鼻薬に含まれるステロイド成分であるフルチカゾンプロピオンエステルを含んだ市販の点鼻薬は販売されていません。

・ファビ点鼻薬に含まれるものとは違うステロイド成分の市販点鼻薬は発売されていますが種類は少なく、殆どが花粉症などの季節性アレルギー鼻炎に用いるものとなっています。

・ステロイド性の市販点鼻薬はごく限られており、通年性のアレルギー性鼻炎には主に抗ヒスタミン系成分が含まれるものが市販薬としては多く発売されています。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

スポンサーリンク