乳酸菌は腸の善玉菌として有名ですが、

ハウス食品が発見したHK L-137乳酸菌についてご存知でしょうか?

HKL-137乳酸菌は免疫力を高めるために特化して、特別に加工された特別な乳酸菌です。

今回はHKL-137乳酸菌とはどんな乳酸菌なのか?風邪に効果があるのか?効果や副作用について分かりやすくまとめてみました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

スポンサーリンク

HK L-137乳酸菌とは何?

ハウス食品が発見した乳酸菌HK L-137の正式名称はラクトバチルス・プランタラムL-137です。

通常、乳酸菌といえば腸内環境を整える効果を思い浮かべる人が多いと思いますが乳酸菌、HK L-137は免疫力を高める効果があると報告されています。

通常のヨーグルト等で摂取する乳酸菌は生きた状態のままですが、乳酸菌HK L-137は加熱殺菌処理をされた状態で摂取します。

生きた乳酸菌は胃の消化液など、腸にたどり着く家庭で消化されてしまったり、十分な効果を発揮できない可能性があります。

一方、乳酸菌HK L-137は加熱処理されているため、消化液の影響をほとんど受けることなく、腸まで届きます。

免疫細胞が集中する腸にまで届いた乳酸菌HK L-137は、その強い働きで免疫力を改善します。

スポンサーリンク

 

HK L-137乳酸菌はなぜ、免疫を高める機能が高いのか?

HK L-137乳酸菌はリポテイコ酸(LTA)という成分の活動が他の乳酸菌と比較して圧倒的に多いことが分かっています。

このリポテイコ酸(LTA)が通常の乳酸菌と比較して、外に伸びていて、体内にはいった際に、免疫細胞を刺激し、免疫力を高めます。

 

レポートによると

・免疫機能の向上

・上気道感染症発症数の減少

・摂取期間の症状の軽減

・風邪薬の服用日数の減少

等の効果が報告されています。

 

”上気道感染症発症数の減少”とは風邪等の症状を指します。

このHK L-137乳酸菌入っている食品を食べ続ければ、風邪にかかりにくなることが報告されています。

普段からヨーグルトやサプリメント等を摂取して、風邪の予防に繋がるのであれば頼もしいですね。

 

HK L-137乳酸菌の副作用は?

HK L-137乳酸菌の副作用は基本的にありません。

ラクトバチルス・プランタラムは様々な発酵食品に含まれている乳酸菌です。

具体的には

・糠漬け

・キムチ

・サワークラウト

・サワーブレッド

等に含まれていて、美味しい酸味の元になっています。

もともとラクトバチルス・プランタラムはサワークラウトから発見されています。

 

まとめ

・HK L-137乳酸菌の正式名称は、ラクトバチルス・プランタラムL-137

HK L-137乳酸菌は加熱処理されており、通常の乳酸菌と比較して、腸に確実に届く。

・HK L-137乳酸菌は免疫力を高める機能が報告されている。

・HK L-137乳酸菌の含まれる食べ物・サプリメントを定期的に摂取すると風邪等の病気にかかりにくくなる可能性がある。

・HK L-137乳酸菌の副作用はない。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

スポンサーリンク