こんにちは。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

解熱鎮痛剤タイレノールという薬はご存知でしょうか。

あまり聞きなれない言葉かもしれません。

タイレノールというのは解熱鎮痛剤で、アメリカなど、世界約46カ国で使用されています。タイレノールの特徴は、胃に優しい解熱鎮痛薬ということ、眠くなる成分が入っていないということです。

運転するときでも服用できる家庭常備薬です。

タイレノールは、誕生してから約60年以上経ちます。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

スポンサーリンク

 

 

解熱鎮痛剤とは?

痛みや発熱、炎症が発症するのは、プロスタグランジンという物質が関係しているからです。

プロスタグランジンは、身体に刺激があったときに、アラキドン酸という物質になります。それは、酵素の作用によって起こります。

そして、痛みを強めたり、炎症を引き起こします。

解熱鎮痛剤は、頭痛をやわらげるだけでなく、神経痛や筋肉痛、腰痛、生理痛、解熱などにも効果があります。

 

タイレノールとはなにか?また、どうして空腹時でも飲めるのか?

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

出典:https://www.drug.co.jp/products/detail/8611

プロスタグランジンという物質は、胃を保護する働きも持っています。

酸の分泌を抑えて、粘液を分泌します。

胃の中で、プロスタグランジンの量が少なくなると、胃が荒れやすくなります。

タイレノールは、他の非ステロイド性解熱鎮痛剤と比べてプロスタグランジン合成阻害が弱いため、胃腸障害が起きにくいといわれています。

タイレノールは、胃を荒らしにくく、プロスタグランジンにほとんど影響がないので、空腹時でも服用できます。

また、空腹時でも飲めるほど安全性が高いので、小児から成人まで幅広く使われています。ただし、使用する際は、長期服用は避けてください。

長期間服用すると、肝障害惹起の可能性があります。

スポンサーリンク

 

タイレノールはどうして空腹時に飲むとよいのか?

ほとんどの薬は、小腸で吸収されます。

食後に服用すると、消化作業のために、胃で待機している時間が長くなってしまい、小腸に到達するのが遅くなります。

それに比べて、空腹時で飲んだ場合は、すぐに小腸へ運ばれて吸収されるので、早く効果が期待できます。

 

タイレノールの飲み方は?

タイレノールは、1日3回まで、1回1錠を飲みます。

4時間以上間をあけて飲みます。

15歳未満の方は、服用しないでください。

 

タイレノールの効果は?

タイレノールの効果は、次のような症状に効果が期待できます。

・頭痛

・生理痛

・抜歯後の疼痛

・咽喉痛

・耳痛

・関節痛

・神経痛

・腰痛

・筋肉痛

・肩こり痛

・打撲痛

・骨折痛

・ねんざ痛

・発熱

といった症状をお持ちの方は、効果が期待できます。

 

タイレノールの成分は?

タイレノールの成分は、アセトアミノフェンが1錠中に300mg含まれています。

アセトアミノフェンは、熱を下げたり、痛みを和らげる働きがあります。

他に、添加物として、セルロース、アルファー化デンプン、ヒドロキシプロピルセルロース、カルメロースCa、ステアリン酸Mg、ヒプロメロース、D-マンニトール、酸化チタン、タルク、カルナウバロウが含まれています。

 

まとめ

・タイレノールは、空腹時でも飲める胃に優しい解熱鎮痛薬

他の解熱鎮痛剤と比較して胃腸へかける負担が少ないため。

・タイレノールは、眠くなる成分が入っていない

・タイレノールは、頭痛や生理痛、発熱などの症状に効果が期待できる

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

スポンサーリンク