こんにちは。

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

寒暖の差が大きくなって風邪をひいてしまっている人もいらっしゃると思います。

風邪や風邪に似た様々な症状の病気がありますが、熱がなくてもせきが続くアトピー性咳嗽(がいそう)と呼ばれる病気があります。

今回はアトピー性咳嗽(がいそう)の原因や症状、治療法について出来るだけわかりやすくまとめてみました。

2015-2016 アトピー性皮膚炎の薬

>>メザデルム軟膏の効果と副作用、他の皮膚薬との強さを比較!<<

>>マイザー軟膏の効果と副作用、他の皮膚薬との強さの違いは?<<

 

スポンサーリンク

 

アトピー性咳嗽(がいそう)とは?

アトピー性咳嗽(がいそう)とは慢性咳嗽(長期間にわたる咳の症状)の一種です。

一般的に8週間以上継続して咳の症状が続く場合に、慢性咳嗽と呼ばれます。

 

乾いた咳が出るのが特徴です。

夜間、特に就寝時、夜中から早朝、起床時に咳が多くなります。

また温度差のある空気を吸い込んだ際にもせきが増えます。

気管支拡張薬が無効で、一方でヒスタミンH1-拮抗薬とステロイド薬が有効な症状です。

 

アトピー性咳嗽の正式名称は「アトピー素因に関与する咳感受性亢進を伴う好酸球性気管気管支炎」です。

アトピー素因とは、アレルギー性疾患の既往歴がある、あるいは家族にアレルギー疾患の方がいるなど、アレルギー疾患を発症する可能性のある基本的な要因、という意味です。

気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、アトピー性皮膚炎等が該当しま

スポンサーリンク

 

そもそもせきとは?

せきは気道になんらかの刺激が加わったときに起こる反射運動です。

気道にある刺激物を取り除くために身体が防御反応を起こしています。

通常は異物がはいった場合に、それに対してせきをして外部に出します。

また多くの異物が体内に入っていたり、気道の粘膜が炎症を起している場合などは“たん”として外部に排出されます。

 

アトピー性咳嗽になるとつらいのは、炎症によって通常以上に気道が過敏になるということです。

気道が過敏になるとちょっとした刺激だとしてもせきが出ます。

せきがあまり長く続くと、肺に対して強い圧力がかかってしまい、肺気腫や自然気胸を起す危険性があります。

また高血圧の場合は脳出血に繋がる危険性もあります。

 

アトピー性咳嗽の症状は?

アトピー性咳嗽の症状は以下の通りです。

・喘鳴(ゼイゼイ・ヒューヒュー)がない

・痰を伴わない咳嗽が8週間以上持続する

・咳は夜から早朝に多い

・エアコン・タバコの煙・会話・運動・ストレスなどで咳が出てくる

・アトピー素因(血液中の好酸球が多い、IgE値が高い、アトピー性皮膚炎などアレルギーの病気がある)

・咳感受性は亢進している(咳をしやすい状態である)

・呼吸機能検査(肺活量など)は正常

出典: http://allabout.co.jp/gm/gc/299720/

 

アトピー性咳嗽の治療法は?

特長にも記載したとおり、アトピー性咳嗽の治療には抗アレルギー薬が有効です。

喘息に利用される気管支拡張剤は利用されません。

塩酸フェノキソデナジン(商品名アレグラ®)や塩酸エピナスチン(商品名アレジオン®)などのヒスタミンH1受容体拮抗薬、ステロイド剤などの処方を受け、安静にします。

 

まとめ

・アトピー性咳嗽とは長期間8週間以上の咳を伴う。

・乾いた咳が夜間、就寝時あるいは早朝を中心に悪化する。

・アトピー素因、いわゆるアトピー性皮膚炎等に家族がかかっているあるいは既往歴がある場合は、アトピー性咳嗽になる可能性もある。

・他のアレルギー性の病気と同様に抗アレルギー薬が治療に用いられる。

今回も最後までお読み頂き、有難う御座いました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

スポンサーリンク