こんにちは。

いつも当ブログをご覧頂き有難うございます。

亜細亜大学の花城直投手が黄色じん帯骨化症という難病を乗り越えて、第46回明治神宮野球大会で胴上げ投手になった、というニュースが報道されていますが、黄色じん帯骨化症とは一体、どんな病気なのでしょうか?

今回は黄色じん帯骨化症の症状や原因、治療法等について出来るだけわかりやすくまとめてみました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

スポンサーリンク

 

黄色じん帯骨化症とは?

黄色靱帯骨化症とは脊髄の後ろにある黄色靱帯という靭帯が骨に変質し、巨大化し神経を圧迫、足に麻痺を引き起こしてしまう病気です。

この靭帯が通常の何倍もの厚さになり、骨のように硬くなります。

プロ野球では巨人の越智大祐選手やソフトバンクの大隣憲司選手等、多くのスポーツ選手がこの難病と戦っています。

 

黄色じん帯骨化症の症状は?

黄色じん帯骨化症の初期症状は足の脱力や痺れ、こわばりなどです。

腰や足の痛みを伴う場合もあります。

進行すると足の痺れを感じたり、歩きにくさという症状が悪化し、歩行が困難になる可能性もあります。

黄色じん帯骨化症の進み方は人によって様々で、軽いしびれが発症し、その後ほとんど症状が変わらない方もいれば、数ヶ月の間に休息に進行する場合もある難病です。

スポンサーリンク

 

黄色じん帯骨化症の原因は?

黄色じん帯骨化症が発生する原因は分かっていません。

 

黄色じん帯骨化症の治療法は?

この病気はX線検査、CT、MRIなどによって発見されます。

症状が進行し、脊髄の圧迫が見られる場合は、症状に応じて消炎鎮痛剤が処方され、経過観察となります。

神経の圧迫が強い場合は、骨化した箇所を取り除く手術が行われる場合もあります。

基本的には原因不明のため、確実な治療方法は確立されていない状況です。

またこの病気は欧米人に比較して、日本人に高い頻度で発生することがわかっています。

しかし、残念ながらこの原因も分かっていません。

 

まとめ

黄色じん帯骨化症は原因不明の難病

黄色じん帯骨化症は、脊髄の後ろにある黄色靱帯という靭帯が骨化し、神経を圧迫するようになる病気。

黄色じん帯骨化症の症状は、人によって大きく異なる。

黄色じん帯骨化症の治療法は対処両方で、鎮痛消炎剤の処方あるいは外科的切除。

今回も最後までお読み頂き、有難う御座いました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

スポンサーリンク