今回はアレルギー性鼻炎や皮膚のかゆみの症状を和らげるために処方されるタジベール錠や抗アレルギー剤と抗ヒスタミン剤の強さについてなるべく分かりやすくまとめてみました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

スポンサーリンク

 

タベジール錠の作用と副作用

タベジール錠(製造元:ノバルティス・ファーマ)はクレマスチンを主成分とした抗ヒスタミン剤であり、第一世代の薬に分類されます。

主に鼻炎より、アトピーなど皮膚疾患に用いられる事が多い薬です。

第一世代の薬の副作用はかなり眠気が強いとされており、生活上注意が必要になってきます。

タベジールを含む第一世代は古くから開発されており実績のある薬ですが、第二世代の抗ヒスタミン剤よりも眠気をはじめとする副作用が出やすいため、かゆみが酷くて眠れないといった場合、寝る前に飲む薬として処方されることが多いようです。

 

ではタベジール錠には主にどんな副作用があるのでしょうか、

主に次のような症状が現れる場合があります。

・眠気

・けん怠感

・口渇

・食欲不振

・吐き気

・嘔吐

・発疹

このような症状が現れた場合は、服用を中止して医師や薬剤師と相談しましょう。

またまれに次のような副作用が現れる場合もあります。

・痙れん

・興奮、初期症状として物事に集中できない、落ち着きがなくなる、眠れない

・肝機能障害、黄疸、初期症状として食欲不振、全身けん怠感、皮膚や白目が黄色くなる

このような副作用の初期症状がある場合は、ただちに服用を中止して医師の診断を受けましょう。

また生活上、眠気や倦怠感が起こりやすいため、運転や機械の操作はなるべく避け、アルコールも避けるようにしましょう。

スポンサーリンク

 

抗アレルギー剤と抗ヒスタミン剤との比較、それぞれの作用や強さの比較は?

では、タベジール錠のような抗ヒスタミン剤と、抗アレルギー剤には、それぞれどのような作用や強さの違いがあるのでしょうか。

 

まず、抗ヒスタミン剤は大きく3つに分けられます。

・第一世代

・第二世代(ⅰ類)

・第二世代(ⅱ類)

このうち第二世代抗ヒスタミンは、抗アレルギー薬とも呼ばれています。

アレルギーはヒスタミンが過剰に分泌される為に起こるものであり(鼻炎であれば鼻水などが過剰になる原因になります)、これらを抑えることで抗ヒスタミン剤と呼ばれています。

Pill 02

主に鼻炎アレルギーなどに使われる抗ヒスタミン剤の強さの違いとしては、主に眠気の強弱が挙げられます。

用いられる薬によっては禁忌とされているものもありますが、一般的には

第一世代 第二世代ⅰ群 第二世代ⅱ群 

といった強さになります。つまり第一世代のヒスタミン剤は一番眠気が出やすいということになります。

それでは他の主な薬がどれに属し、どのような違いがあるのか紹介していきます。

(1)  アレロックOD

アレロックOD錠は、上記のうち第二世代ⅱ群に属する抗ヒスタミン剤となり、抗アレルギー薬でもあります。

アレロックに含まれるオロパタジンですが、第二世代ⅱ群の中でも主な副作用である眠気は個人差があり、そうでもない人もいれば、眠気が来る人とまちまちなようです。

あまりに眠気が気になる場合は、他のヒスタミン剤を処方してもらうように相談するのも必要になるでしょう。

(2)  ザジテンカプセル(製造元:ノバルティス・ファーマ)

ザジテンカプセルはフマル酸ケトチフェンを主成分とした抗ヒスタミン剤であり、第二世代のⅰ群に分類されます。

主にアレルギー性鼻炎、皮膚薬などに用いられる薬です。

第二世代のⅰ群は、ⅱ群に先駆けて登場した分類になります。

ザジデンカプセルに含まれるフマル酸ケトチフェンは鎮静作用に優れていますが、代わりに眠気も強く出る事があります。

処方上では、飲み忘れた場合1錠飲んでも良いのですが、最低その後5時間時間をあけるようにとされています。

作用は優れているため、錠剤よりも点鼻薬などによく使われるので、鼻水が酷い時などの局所的治療としては有効です。

(3)  アレグラ錠(製造元:久光製薬)

アレグラ錠は、フェキソフェナジン塩酸塩を主成分とした抗ヒスタミン剤であり、第二世代のⅱ群に分類されます。

季節性アレルギー鼻炎、通年アレルギー鼻炎、また皮膚炎やかゆみなどの症状にも広く用いられる薬です。

アレグラ錠には鎮静作用が他の薬に比べると弱いのですが、眠気の副作用が殆どありません。生活上の注意としても、眠気が強く出るとは記載がなく、副作用のリスクが少ない薬と言えます。

鼻炎があるけれども、仕事などの都合でどうしても眠気が出ると困る、と言った場合はアレグラが適していると言えるでしょう。

 

まとめ

抗ヒスタミン剤(抗アレルギー剤)には大きく分けて3つに分類され、それぞれ開発の歴史が違うもので、眠気の副作用や即効性、鎮静作用にそれぞれ違いがあります。

抗ヒスタミン系の鼻炎薬には市販されているものも多くありますので、成分や薬の名前を覚えておき、どの薬が自分の症状に適しているか判断するのがよいでしょう。医師にかかる際も、十分説明することが大切です。

最後までお読み頂き有難うございました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

スポンサーリンク