こんにちは。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

中年の男性が側を通るとなんか臭う・・・なんて経験ありませんか?
加齢臭かな、と思ってしまいますね。
今回は、体臭についてまとめてみました。
できるだけわかりやすくまとめてみましたので参考にしてみてください。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

スポンサーリンク

 

臭いの原因は?

身体には、臭いの原因となるアポクリン汗腺とエクリン汗腺があります。

アポクリン汗腺

アポクリン汗腺は、陰毛や腋毛の成長とともに発達します。
脂質成分や鉄分、色素などの分泌物が排出されます。アポクリン汗腺はホルモンに影響されます。

エクリン汗腺

エクリン汗腺は運動したときに熱を発散するために汗を出します。
臭いの原因のもう一つは皮脂腺です。
皮脂腺は、皮膚や毛に潤いを与えます。
分泌物には、臭いの原因となるさまざまな脂肪酸が含まれています。
人間の皮膚には数えきれないほどの細菌が住み着いています。
この細菌にふれると、汗の中にある脂肪が分解されて、臭いの原因となる低級脂肪酸に変わってしまいます。

 

加齢臭とは?

加齢臭と呼ばれる、中高年特有の体臭があります。
加齢臭は、エイジングノートともいわれています。
特徴として、加齢臭は、40代を過ぎると特有の体臭があります。
まず、40代を過ぎると皮脂中の過酸化脂質が増加します。
すると、脂肪酸の組織が変化し、脂肪酸が酸化したり皮膚常在菌によって分解されたりします。
そのときに発生する物質が加齢臭の原因といわれるノネナールという物質です。
ノネナールは、20~30代の人の体臭からは、ほとんど検出されません。
スポンサーリンク

 

加齢臭発生予防の対策は?

まず、体臭を発生させないための対策として、身体や皮膚を清潔にすることがあげられます。
そのほか、アルコール類や香辛料、脂っぽい食事を控えることがあげられます。
動物性たんぱく質や脂質は、腸内で分解されると脂肪酸など臭いの原因を生みます。
緑黄色野菜の不足、便秘症、胃腸障害があった場合でも臭いの原因が発生します。
加齢臭の臭い原因となるノネナールの発生は生理現象です。
最大限の対策はしましょう。
最大限の努力をしても臭いを防ぐことができないこともあります。
そのときは、発生した体臭ケアの商品が販売されていますので使用します。
体臭ケアの商品は、ノネナールの発生を抑える成分と、発生した体臭を不快に感じさせないための成分が含まれています。
ボディソープやシャンプー、消臭スプレーなどがあります。
体臭全般に使えるので、加齢臭だけではなく若年の人にもお使いいただけます。

 

クマザサとはなにか?

クマザサの葉の抽出液中葉緑素の成分が含まれた「ササヘルス」「サンクロン」などの医薬品があります。これらは、口臭や体臭の除去に効果が期待できます。
クマザサは昔から薬草として使われていました。特に傷ややけどの治療として使われました。
他には、ぜんそく、胃腸病、糖尿病、高血圧、風邪、口臭などです。
クマザサは、葉緑素やビタミン、ミネラル類、安息香酸、カルシウム、リグニンなどが含まれています。
特にビタミンは、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2などがたくさん含まれていて、体のバランスを正常に保つ役割を果たします。
クマザサに含まれる葉緑素は、脱臭効果や抗菌作用があります。

 

まとめ

・臭いの原因の素は脂肪酸である
・脂肪酸が酸化するときに発生するノネナールが加齢臭と原因となる
・発生予防は、皮膚を清潔にすること、脂っぽい食事を控えること
では、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

スポンサーリンク