こんにちは。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、坐骨神経痛についてまとめてみました。できるだけわかりやすくまとめてみましたので、参考にしてみてください。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

スポンサーリンク

 

坐骨神経痛とは?

腰から足にかけて坐骨神経が伸びています。

その坐骨神経が、さまざまな原因によって刺激や圧迫されることであらわれます。

坐骨神経は、末梢神経のことです。下部は腓骨神経と脛骨神経に分かれていて、太ももの後面から足部にかけての広い範囲の知覚をつかさどっています。

刺激された場合、片側の臀部や大腿後面、ふくらはぎが痛み、かかとやくるぶしのほうまで痛みが響くことがあります。

これが坐骨神経痛です。

 

坐骨神経痛の原因は?

坐骨神経痛が起こる原因は、次のようなことがあげられます。

・椎間板ヘルニア

・変形性脊椎症

・脊髄腫瘍

これらによって坐骨神経が刺激されたり、圧迫・浸潤されて起こります。

坐骨神経痛が起こったら、まずは専門医に診てもらいます。

原因を探してその治療をするのが先決です。

他にも、帯状疱疹やアルコール依存症、糖尿病などが原因の場合もあります。

スポンサーリンク

 

坐骨神経痛の症状は?

坐骨神経通の症状は、痛みを伴います。安静にしているときでも、多少、痛みが続いていることが多いです。

痛みのほかにも下肢のしびれや知覚の鈍麻(にぶさ)、歩行障害などがみられます。

 

坐骨神経通の治療法は?

坐骨神経痛にあった場合の治療は、薬物療法の使用によって痛みを和らげます。

まずは、症状を和らげることが目標です。

薬物療法というのは、解熱鎮痛薬や、ビタミン剤、筋弛緩薬、抗けいれん薬、血管拡張剤のことです。

痛み止めとしては、多くの場合は、まず非ステロイド性消炎鎮痛薬(NSAIDs)を使用します。

ステロイド以外の鎮痛作用、抗炎症作用、解熱作用を持ちます。

この薬は、シクロオキシゲナーゼ(COX)という酵素を抑制してから、痛みの発症原因のプロスタグランジンの生成を抑えます。

神経の痛みには神経障害性疼痛治療薬を使用します。

筋肉の緊張をやわらげる目的では、筋緊張弛緩剤を使用します。

痛みによって悪くなった血を改善する目的で、血管拡張薬なども使用します。

ステロイドとは、強い抗炎症作用と鎮痛作用があり、免疫抑制作用がある薬剤です。

生体内にある副腎皮質ホルモンを合成した薬剤です。

 

坐骨神経痛を予防方法は?

生活習慣を見直しましょう。

適度にストレッチや運動を行い、過度なダイエットなど無理はしないようにします。

また重要な坐骨神経痛の予防方法は、身体を温めることです。

温湿布やサポートなどで腰の保温をします。

入浴による温熱療法も効果が期待できます。

ただし、痛みや炎症が強いときは入浴しないようにします。

坐骨神経痛は、筋肉の硬直が進み血行が悪くなると痛みが出ます。

ですので、適度な運動をこころがけるとよいです。

 

まとめ

・坐骨神経痛とは、腰から足にかけて伸びている坐骨神経が圧迫したり刺激されることによって起こる痛みである

・坐骨神経痛が起こる原因は、椎間板ヘルニアなどさまざまある

・身体を冷やさず温めるなどして予防をする

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

スポンサーリンク