こんにちは。
いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。
鼻炎で困っている人はいませんか?鼻炎の薬を飲むと眠気がおそってきますよね。
しかし、眠くならない鼻炎薬もあるのをご存知でしょうか。
今回は、眠くならない鼻炎薬についてまとめてみました。
できるだけわかりやすくまとめてみましたので、参考にしてみてください。
スポンサーリンク

鼻炎とは?

鼻腔の粘膜に炎症が起きることを鼻炎といいます。
風邪ではないのにくしゃみや鼻水が出ます。
なぜ鼻炎が発症するのかというと、口呼吸をしていると、鼻の機能が低下します。
すると鼻の粘膜が弱くなり、病気に感染しやすくなり、鼻炎にもなりやすくなります。

鼻炎薬のほとんどの薬の副作用は眠気?

一般用医薬品の鼻炎薬のほとんどには、抗ヒスタミン剤が含まれています。
抗ヒスタミン剤の副作用とし、代表的なものは、眠気です。
使用上の注意のところに、「眠気などを起こすことがありますので、自動車の運転など危険を伴う操作には注意してください」と記載されている場合が多いです。
眠気が少ないといわれているのは、抗ヒスタミン剤の中でも、プロピルアミン系のクロルフェニラミンや、第2世代のメキタジンです。
メキタジンは、中枢神経抑制作用が少なく、眠気が比較的少ないといわれています。
スポンサーリンク

眠くならない鼻炎薬はあるのか?

眠くならない鼻炎薬は、漢方薬で、抗ヒスタミン剤を含まないものになります。
よく使用されている漢方薬は、小青竜湯(しょうせいりゅうとう)、葛根湯加川辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)です。

小青竜湯

小青竜湯は、うすくて水分が多いときの鼻水やくしゃみがあるときに使用します
小青竜湯には、次のような生薬が含まれています。
・麻黄(マオウ)
・桂皮(ケイヒ)
・芍薬(シャクヤク)
・半夏(ハンゲ)
・五味子(ゴミシ)
・細辛(サイシン)
・乾姜(カンキョウ)
・甘草(カンゾウ)

麻黄

麻黄は、交感神経刺激薬のエフェドリン類が含んでいて、喘鳴や咳を抑えてくれますが、心臓や血管に負担をかけます。
交感神経刺激作用があるエフェドリンやテオフィリンなどの薬の組み合わせは慎重におこないます。
甘草を含む他の漢方薬(芍薬甘草湯など)と一緒に飲むと、偽アルドステロン症、間質性肺炎と肝障害の副作用がありますので注意してください。

葛根湯加川辛夷

葛根湯加川辛夷は、風邪をひいたあとの、黄色っぽい鼻水が出るときに使用します。
葛根湯加川辛夷には、次のような生薬が含まれています。
・葛根(カッコン)
・麻黄(マオウ)
・桂皮(ケイヒ)
・芍薬(シャクヤク)
・甘草(カンゾウ)
・大棗(タイソウ)
・生姜(ショウキョウ)
・川きゅう(センキュウ)
・辛夷(シンイ)
麻黄は、鼻粘膜の腫れを抑えます。
また麻黄は、交感神経刺激薬のエフェドリン類が含んでいて、喘鳴や咳を抑えてくれますが、心臓や血管に負担をかけます。
交感神経刺激作用がある、エフェドリンやテオフィリンなどの薬の組み合わせは慎重におこないます。
甘草を含む他の漢方薬(芍薬甘草湯など)と一緒に飲むと、偽アルドステロン症、間質性肺炎と肝障害の副作用がありますので注意してください。

まとめ

・眠くならない鼻炎薬として、小青竜湯と葛根湯加川辛夷の漢方薬がある
・小青竜湯と葛根湯加川辛夷には、副作用がある
・鼻炎にならないために、なるべく鼻で呼吸するようにする
では、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。
スポンサーリンク