こんにちは。

いつも当ブログをご覧いただきありがとうございます。

今回は、なた豆にについてまとめてみました。できるだけわかりやすくまとめてみましたので、参考にしてみてください。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

スポンサーリンク

 

 

なた豆とはどんな豆?

なた豆は、漢方薬として知られています。

なた豆は、ひと莢が全長40cmにも達するほど大きい豆です。

刀を入れる鞘のようでもあり、鉈のようにも見えるので、刀豆や鉈豆と表記することもあります。

このなた豆は、江戸時代に中国の清より伝来しました。

原産は、熱帯アジアやアフリカとされています。

蔓の高さが6メートルにまで達しますので、ジャックと豆の木のモデルになったともいわれています。

また、NHK大河ドラマ「篤姫」のワンシーンでも使われていて、長旅の無事を祈る餞別として送られていました。

 

丹波なた豆とは?

京都府と兵庫県の県境に丹波市、という地域があります。

丹波市は、昔から豆の栽培が盛んに行われています。

昔から、丹波地方の農家では、なた豆をお茶として飲む習慣があります。

丹波地方では無農薬・化学肥料を使用せずになた豆を栽培していて、その品質で有名です。

スポンサーリンク

 

なた豆の効果は?

なた豆には、次のような病気に対して効果があるとされています。

・腎臓の病気

・歯周病の改善

・鼻炎の症状の改善

・口臭予防

・むくみを予防・改善

・糖尿病の進行を抑制

・ダイエット

・腸内環境を整える

古くから漢方で使われているということもあり、様々な病気の症状の改善・予防に効果があるとされています。

なた豆は、お茶として飲むことが出来ます。

また、膿を出す妙薬として知られています。

 

なた豆に含まれる成分は?

なた豆には、コンカナバリンAという成分が含まれています。

この成分は、腎臓のろ過機能を修復してくれます。腎

疾患で悩んでいる患者さんが、実際になた豆を3ヶ月摂取したところ、症状が改善したという結果も報告されています。

カナバニンという成分も含まれていて、歯周病の炎症を抑えてくれます。

丹波地方のこやま農園さんは、大学機関と共同して研究を行っています。

過去には、生活習慣病の予防効果の検証を実施しています。

勿論、生活習慣や西洋医学的な治療を進めることも重要ですが、症状の改善や予防に歴史ある丹波なた豆、なた豆茶を取り入れてみるというのはいかがでしょうか。

 

まとめ

・なた豆は、江戸時代に中国の清から伝わってきた豆である

・なた豆には、腎臓や歯周病、鼻炎、口臭などを改善してくれる効果が期待できる

・なた豆には、コンカナバリンAという成分が含まれている

では、今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

2015-2016 風邪の治し方・薬ランキング

>>2015-2016 風邪の治し方 【喉、熱、鼻水、咳、頭痛】症状別対処方法まとめ!<<

>>【市販風邪薬ランキング】総合感冒・熱も鼻水も喉の痛みも治したい!<<

>>【市販風邪薬ランキング】高熱!解熱効果の高い薬を買うならコレ!<<

>>せきや痰に効くおススメ市販薬や注意点は?鎮咳去痰薬の有効成分!<<

>>乾燥とのどの痛み!風邪以外で可能性のある病気・原因は何?<<

 

スポンサーリンク